映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』来年5・3公開決定 らしさ全開の特報解禁

1

2022年12月02日 08:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

US版ティザーポスター=『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』2023年5月3日公開(C)Marvel Studios 2022
 アイアンマンやスパイダーマン等、数々のヒーローを生み出してきたマーベル・スタジオの中でひときわヒーローらしくない銀河一の落ちこぼれヒーローチーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(以下、GoG)”の最新作が、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』(原題:Guardians of the Galaxy: VOLUME 3)の邦題で、全米公開(2023年5月5日)に先駆け、同年5月3日(水・祝)に決定した。

【動画】映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』特報

 イカしたヒーローチームになりたいのに、どうにも格好がつかない“ガーディアンズらしさ”全開の特報とUS版ティザーポスターも到着。

 “ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”。リーダーは、元お宝ハンターで地球生まれ銀河育ちのスター・ロードこと、ピーター・クイル(演:クリス・プラット)。宇宙一凶暴な毒舌アライグマ・ロケット(声:ブラッドリー・クーパー)。その相棒で「僕はグルート」という言葉だけを話す動く木、グルート(声:ヴィン・ディーゼル)。

 緑の肌の美しき暗殺のエキスパート、ガモーラ(演:ゾーイ・サルダナ)。ガモーラと共に暗殺者として宿敵サノスに育てられた妹のネビュラ(演:カレン・ギラン)、サノスへの復讐に生きてきたがどこか抜けている怪力の破壊王ドラックス(演:デイヴ・バウティスタ)、純粋すぎる心の持ち主で周りの空気が全く読めないマンティス(演:ポム・クレメンティエフ)と超個性的なメンバーだらけ。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後を描く『ソー:ラブ&サンダー』(22年)で、銀河中からとんでもない数の救難信号を探知し、人々を助けるべく出動したガーディアンズ。今回解禁された特報では、「長い間姿を消していた」としばらく銀河を留守にしていた様子。おそろいのスペーススーツでクールにキメて颯爽と降り立った惑星には、まるで実写版『ズートピア』(!?)のような動物っぽい異星人たちが特に問題なさそうに暮らしている。

 「俺たちは敵じゃない」とイカした低音ボイスで住民へ挨拶するピーター。そんな彼の努力も空しく、全く空気の読めないドラックスが落ちていたボールを子どもの顔面にヒットさせ反感を買い、住民から総攻撃! 「銀河にはガーディアンズが
必要だ」とせりふだけは一丁前だが、どうにも格好がつかない“ガーディアンズらしさ”満載な様子が描かれる。

 さらに映像の後半では、普段はおちゃらけ度MAX のメンバーたちが抱える“悩み”や“秘めた過去”が垣間見える。特に印象的なのは、これまでチームのピンチを持ち前の頭脳と皮肉で幾度となく救ってきたロケット。なにか壮絶な過去を抱えている様子だが、「最後にもう一度、みんなで飛び立つぞ」と意味深な発言も。その後、次々と悲しみの表情を浮かべるメンバーたちだが、ロケットはいったいどう
なってしまうのか。

 さらに、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でいなくなったはずのガモーラも再登場し、おなじみの名せりふ、「俺たちはグルート/We are Groot」とともにメンバー全員が大集合。これまで意図せずとも銀河の危機をことごとく救ってきたガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが、再び銀河全体を巻き込んで大暴れする。

 ガン監督は、「本作は、彼らのおふざけ要素がたくさんある一方で、信じられないほどエモーショナルな作品にもなっている」と明言しており、おなじみの布陣で「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ最新作を最もドラマティックかつ、壮大なスケールで描き出す。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 来た来た来たぁぁっ、ガモーラさんは確か時間軸がパラレルな所から呼んだ筈?、ピーターさんとの仲は再構築なのかな?
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定