西島秀俊×濱田岳×上白石萌歌『アウトサイダー』、追加キャストに柳葉敏郎、優香、長濱ねるら

0

2022年12月02日 08:41  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

ドラマ『警視庁アウトサイダー』に出演する(上段左から)優香、柳葉敏郎、石田ひかり、(下段左から)野波麻帆、長濱ねる (C)テレビ朝日
 西島秀俊が主演を務め、濱田岳と上白石萌歌が共演する2023年1月スタートのドラマ『警視庁アウトサイダー』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の追加キャストとして、柳葉敏郎、石田ひかり、優香、野波麻帆、長濱ねるの出演が発表された。

【写真】異色刑事ドラマ『警視庁アウトサイダー』、西島秀俊×濱田岳×上白石萌歌がトリオで巨悪に立ち向かう!

 ミステリー作家・加藤実秋の同名小説を実写化する本作は、スネに傷を持つグレーな刑事たちが、秘密を隠しながら、互いに利用し合い、それぞれの正義を見いだしていく…という異色刑事ドラマ。

 西島が《見た目が極道の元マル暴オヤジ刑事・架川英児》、濱田が《一見さわやかなのに大きな秘密を抱えたエース刑事・蓮見光輔》、上白石が《安定した就職先として警察を選んだ新米刑事・水木直央》というクセの強いキャラクターにふんし、ワケありトリオを結成。警察組織の中で異質な存在=アウトサイダーである3人が持ちつ持たれつ、さまざまな難事件に挑んでいく。やがて、それぞれが背負っていた過去の真実が明らかになり、物語は壮大な報復劇へとなだれ込んでいくことに―?

 今回発表された追加キャストは5人。

 柳葉敏郎が演じるのは、英児の元上司で警視庁組織犯罪対策部警部の藤原要。普段は温厚なのにどこからかすごみがあふれ、やんちゃな暴力団員からも恐れられる存在。あるトラブルに巻き込まれ、辞職に追い込まれそうになった英児を所轄の刑事課への左遷でおさめてくれた大恩人だ。そんな人間味のある熱い男・藤原のエネルギーを柳葉が全身からにじませる。

 石田ひかりが演じるのは、上白石演じる直央の母・水木真由。小さなことは気にしない真っすぐな性格で、直央とは“似たもの母娘”。多彩な役柄をたおやかに演じてきた石田が、本作では気は強いけど頑張りすぎない、ちょっと脱力系の母を軽やかに演じる。

 優香がふんするのは、鑑識係・仁科素子。確かな腕を持つ鑑識のエキスパートだが、なぜか他人と必要以上の関わりを断つ、“陰キャ”タイプ。英児に弱みを握られているのか、いつも面倒事を持ち込まれてばかりで…? いったい2人の間には何があったのか? 作品にちりばめられた謎のひとつをつかさどる役柄を、優香がミステリアスかつコミカルに演じる。

 警務課事務職員・倉間彩子を演じるのが野波麻帆。彩子は刑事課の激務に疲弊する直央の“止まり木”的な存在でありながら、気になる英児の前ではすがすがしいほどに直央たちを裏切って“いい子”になる、憎めないオトナ女子だ。

 そして、欅坂46の元メンバーで女優の長濱ねるは、署内一のウワサ好きといわれる警務課員・米光麻紀役。裏表のない性格の直央とは、いつしか意気投合。直央を演じる上白石と長濱はプライベートでも親友同士とのことで、息の合ったガールズトークが期待できそうだ。

 木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』は、テレビ朝日系にて2023年1月より毎週木曜21時放送。

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定