「大きな自信に繋がる」…森保監督、冨安健洋の起用法にも言及「悩みました」

9

2022年12月02日 10:20  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

日本代表の森保監督 [写真]=Getty Images
 日本代表を率いる森保一監督が、12月1日に行われたFIFAワールドカップカタール2022・グループE第3節のスペイン代表戦を振り返った。

 前半は圧倒的に支配され、12分にはアルバロ・モラタに先制点を許したものの、48分に堂安律が同点弾を挙げると、51分には三笘薫の折り返しを田中碧が押し込んで勝ち越しに成功し、2−1で逆転勝利を収め、初の2大会連続となる決勝トーナメント進出を決めた。

 森保監督は試合後の記者会見で「世界最高峰の実力があるスペインとの戦いで、非常に難しく厳しい戦いになるということは試合前から予想していました。難しい試合展開の中で選手たちが1失点したあとも、まずは我慢強く粘り強く戦って自分たちの流れに持って行こうと、非常に難しい戦いの中で選手たちがやってくれたなと思います」と選手たちを称えた。

 続けて、「粘り強く我慢強く戦って繋げてくれた選手がいたからこそ後半良い形で攻撃に移っていくことができた」と振り返りながら、「選手たちがコスタリカ戦から気持ちを切り替えて最善の準備をする。そして試合で準備したことをこの試合チーム一丸でタフに粘り強く戦い抜くこと、勝つ確率を上げることをやってくれた。そして現地にいるサポーターの皆さん、国民の皆さんが応援してくれたからこその勝利だと思います。国民のみなさんに勝利を届けられて嬉しく思います」と喜びを口にした。

 勝ち越しゴールとなった場面では三笘が折り返したところでゴールラインを割っていたと海外でも物議を醸しているが、森保監督は「ラインを割ったか割らないかについては、現代サッカーのテクノロジーの中で本当に割っていたのであればゴールキックになっていたと思いますし、レフェリーのジャッジにリスペクトをして全て任せた上でゴールが決まったということは間違いなくゴールだと思っています」と語った。

 グループ初戦のドイツ代表(FIFAランキング11位)戦に続き、スペイン代表(同9位)戦でも逆転勝利を収め、グループEを首位で突破した日本代表。森保監督は「アジア全体にとっても日本のサッカーにとってもドイツ、そしてスペインという世界最高峰のトップグループにいる国に勝てたことは大きな自信に繋がると思います」と手応えを口にした。

「まだまだもちろん学ばなければいけないと思いますが、アジアのサッカーが世界で勝っていける、日本のサッカーが世界の舞台で勝っていける、アジアのサッカーに関わる方々、日本のサッカーファミリーと喜びを分かち合えればと思います」

 また、2−1とリードしていた状況で69分から冨安健洋を投入し、右サイドの大外で起用した森保監督。「リードした時には冨の力を貸してもらって最後試合を締めようということは考えていましたけど、起用については非常に悩みました」とどこに同選手を置くかは悩んでいたことを明かしながら、その意図について次のように言及した。

「なぜかというと、3人のセンターバックがイエローもらっていたので、どこまで我慢すべきか、もしかして退場者が出るという中での決断は難しかったです。交代を決断したのはスペインが左サイドの攻撃を強めようというカードを切ろうとしていたところで、我々は守備でしっかり固めて相手の攻撃を受けて、ボールを奪い攻撃に転じていきたいという狙いで起用しました」

このニュースに関するつぶやき

  • 選手の交代の感じからは選手の体調とかケガ未満の違和感とか有りそうな気も…、90は持たないけど45は行けるとか
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定