渡辺徹さん、敗血症のため61歳で逝去 11月の舞台出演後に体調急変「元気な姿お見かけしたばっかりだったのに」

5

2022年12月02日 11:43  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

渡辺徹さん(画像は文学座公式サイトから)

 俳優の渡辺徹さんが、11月28日に敗血症で逝去。所属する劇団「文学座」が公式サイトを通じて12月2日に発表しました。61歳でした。



【画像】妻の郁恵さんと渡辺さん



 文学座によると、渡辺さんは11月20日に発熱。腹痛などの症状を訴えて都内の病院を受診し、細菌性胃腸炎との診断を受けて入院した後に敗血症と診断され、治療を受けていましたが28日に亡くなったとのことです。



 また家族の意向により、葬儀はすでに家族葬で執り行ったことも報告。あらためて後日にお別れ会を予定しており、長男の渡辺裕太さんと妻の榊原郁恵さんの会見の場を設けるとのこと。加えて、「自宅へのご弔問、取材などはご家族の心中をお察し頂きご遠慮くださいますよう、切にお願い申し上げます」「ご供花、ご供物、お香典等はお気持ちのみでご遠慮いたします」とし、詳細が決定したら案内するとも伝えました



 渡辺さんは1980年に文学座研修科の研究生となり、翌年には当時の大人気ドラマ「太陽にほえろ!」(日本テレビ系)で“ラガー刑事”役としてデビューし人気を博します。プライベートでは1987年に榊原さんと結婚。1989年に長男の裕太さん、1996年には次男が誕生。榊原さんとはおしどり夫婦として知られ、Instagramではたびたび2ショットを披露していました。



 仕事や家族に恵まれる一方で、2012年には虚血性心疾患が判明し手術を経験。2021年5月にも大動脈弁狭窄症の手術を受けますが、7月には活動再開していました。復帰後の2022年10月から11月までは舞台「今度は愛妻家」でゲイバーのママ・文太役を演じるなど精力的に活動していました。



 ネット上では「えーー!? ショック!! まだお若いのにーー!!」「渡辺徹さん衝撃すぎる、、、つい最近今度は愛妻家で元気な姿お見かけしたばっかりだったのに」と驚く声とともに「太陽にほえろ、めっちゃ観てました。ご冥福をお祈りします」とお悔やみの言葉が投稿されています。


このニュースに関するつぶやき

  • ゼンカイジャーでの夫婦共演、実現して欲しかったなぁ‥。本当に残念。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定