寒くなくても頻繁に尿意をもよおす人は要注意 加齢などが引き起こす「過活動膀胱」かも

72

2022年12月02日 15:20  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

Mono/stock.adobe.com

寒くなれば、トイレが近くなるものです。緊張する場面で尿意を感じる人もいます。しかし、季節や場面に関係なく、しょっちゅう尿意をもよおすとなれば、要注意です。もしかして「過活動膀胱(ぼうこう)」かもしれません。過活動膀胱とは、「急に尿意をもよおす」「トイレまで我慢できず失禁する」など、尿意切迫感を主な症状とする疾患です。

【写真】レジに長蛇の列「ゆっくりでいいよ」の言葉に泣いた

通常、膀胱はたまった尿を排出する役目を担っています。尿がたまると大脳が指令して、筋肉を収縮させて尿を排出させます。ためる時はその指令がないので、筋肉の収縮はありません。しかし、過活動膀胱になると、尿をためている途中でも大脳とは関係なく、勝手に膀胱が収縮するために尿意をもよおしてしまうのです。

原因にはパーキンソン病など神経系や前立腺肥大などの病気もあれば、加齢や水分の摂り過ぎによって起こる場合もあります。実は、原因不明も少なくありません。

40歳代から増え始め、高齢になるほど増加傾向にあるといえます。トイレが近いと外出するのが億劫になりやすく、自信をなくしたり、生活の質が下がったりしてしまいがちです。気をつけたいのは「年のせいだから」とあきらめてしまわないこと。放置すれば、もっとひどいことになるかもしれません。

怖いのは、似た症状でも膀胱がんや前立腺がんの場合もあります。素人判断は避け、気になれば、早めに検査を受けてください。

治療法としては、一般的には薬による治療が考えられます。たとえば、抗コリン薬は膀胱の過剰な収縮を抑えることができる薬です。他にも、膀胱の筋肉を緩める薬も出されたりします。尿意を我慢させるための膀胱訓練や、排尿と関連した骨盤底筋を鍛える訓練などをすることもあります。尿も健康のバロメーターです。尿チェックもお忘れなく。

◆尾原 徹司 東京医科大学卒業。東京女子医科大学消化器病センターを経て、神戸鐘紡病院消化器科に赴任。昭和57(1982)年に独立し、医療法人社団つかさ会「尾原病院」(神戸市須磨区妙法寺荒打/神戸市営地下鉄西神山手線妙法寺駅徒歩3分)院長に。

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 映画館で近くの席の人が5回くらいトイレ中座していて、たぶんあの人ほとんど映画の内容わからなかったはず。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(44件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定