サードウェーブ、新デザインのボディーを採用したクリエイターPC「raytrek 4C」シリーズを発売

0

2022年12月02日 16:02  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

新しいケースを採用した「raytrec 4Cシリーズ」

 サードウェーブは12月2日、クリエイター向けブランド「raytrek(レイトレック)」から、新デザインのボディーを採用したデスクトップPC「raytrek 4Cシリーズ」を発売した。最小構成モデルの税込み直販価格は15万9800円からとなる。



【その他の画像】



【更新:12月5日21時30分】記事の内容を更新した上で、写真を追加しました



●raytrek 4Cシリーズの概要



 raytrek 4Cシリーズは、“真に”クリエイターのことを考えたデスクトップPCとして企画されたという。



 求められるハードウェア要件の多くが重複していることもあり、「クリエイター向けのPC」はゲーミングPCとコンポーネントを共通化していることが多い。しかし、PCを使って創作活動を行うクリエイターにとって、ゲーミングPCの装飾は場合によっては“華美”な面があった。



 そこで、raytrek 4Cシリーズでは、シルバーを基調にアクセントカラーとしてブラックを織り交ぜた、落ち着いた見た目の新型タワーケースを採用している。



 新型タワーケースは“仕事の道具”として使うことを考慮した設計となっている。



 ケースの正面、側面、上部、下部の吸気フィルターは簡単に着脱可能で、ホコリがたまってきたらすぐに掃除できるようになっている。また、高性能なCPUやグラフィックスカードを高いパフォーマンスで安定して動作させられるように、ケース内部の空間に余裕を持たせて、エアフローもしっかりと確保している。



 加えて、高スペックのグラフィックスカードを搭載することを想定して、金属製のカードステーを搭載できる構造となっている(※1)。カスタマイズ(BTO)で簡易水冷システムを組み込むことも可能だ(一部モデルは標準構成として装備済み)。



(※1)ステーは一部モデルに付属



ベースモデルは3種類用意



 発売時点において、raytrek 4Cシリーズにはベースモデルが3つ用意される。



 最上位の「raytrek 4CZZ」は、CPUに「Core i9-13900K」、GPUに「GeForce RTX 4090」を採用した超ハイエンドモデルで、4K動画の撮影や3Dグラフィックスの作成用途で用いることを想定している。3モデルの中で唯一、水冷クーラー(240mm)が標準装備となることも特徴だ。BTO前の税込み直販価格は61万9980円となる。



 中位モデルの「raytrek 4CXF」は、CPUに「Core i7-13700K」、GPUに「GeForce RTX 3070」を採用。イラストや写真(RAWデータ)の現像とフルHD動画編集などの用途で使われることを想定している。BTO前の税込み直販価格は32万9980円となる。



 エントリーモデルの「raytrek 4CXE」は、CPUを1世代前の「Core i7-12700」とし、独立(外部)GPUを省くことでコストパフォーマンスを高めたことが特徴だ。「CPU(と内蔵GPU)だけでも十分なこともある」2Dイラストや写真現像で利用されることを想定している。BTO前の税込み直販価格は15万4980円となる。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定