バターサンドの次がついに来た!? ファミマの新作「ダックワーズサンド」と「スフレケーキ」に大注目

0

2022年12月02日 20:42  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

ファミリーマートの看板スイーツに成長する可能性をもったスイーツの登場です!
「バタービスケットサンド」や「ふわふわケーキオムレット」などがヒットしているファミリーマートから、またまた新食感を謳うスイーツが発売されました!

“サクッふわ食感”の「ダックワーズサンド チョコ」(税込228円)と、“ふわしゅわ食感”の「スフレケーキ チーズ」(税込228円)の2品です。

食感にこだわった新作は、「ダックワーズサンド」と「スフレケーキ」

ファミリーマート「ダックワーズサンド チョコ」と「スフレケーキ チーズ」

2品とも紙カップに入っており、スプーンやフォークを使わずとも食べられる気軽さも魅力です。食感を大きく目立たせたパッケージが、売り場で目を引きます。

1品目:2023年のヒット商品になる!?「ダックワーズサンド」

さっくりとしたダックワーズでチョコクリームをサンド

1品目は「ダックワーズサンド チョコ」。ダックワーズとは、卵白を泡立てたメレンゲとアーモンドパウダーで作るフランス発祥の焼き菓子で、表面はさっくり、中はふんわり(ものによってはややむちっと)した食感と、アーモンドの豊かな風味が特徴です。

さらに間に挟むクリームによって、いろいろなバリエーションがあるのも魅力で、筆者も大好きな焼き菓子のひとつ。実はひそかに、「バターサンド」に次いで2023年にヒットするのでは、と注目しているスイーツでもあります。

冷蔵なのにさっくり! 歯切れよく、香り豊かな生地

歯切れのよい生地に、クリームの量もしっかり入っています

生地は歯切れがよく、想像よりも専門店のダックワーズに近い味わい! チルドスイーツなので、しんなりしたり硬くなったりを予測していたのですが、外はさっくり、中はふんわりという、おいしさのセオリーがしっかりと守られています。

深みのある味わいの秘密は、ヘーゼルナッツパウダー

アーモンド×ヘーゼルナッツで、ナッツの風味を底上げ

ナッツの風味もしっかり感じられ、調べてみるとアーモンドパウダーにヘーゼルナッツパウダーを少量加えることで、深みのある味わいを出しているそう。

2種のチョコ&ナッツで味わいに変化

2層のチョコのおかげで、味わいが単調にならずに最後まで食べられます

中のクリームは、周りがミルクチョコクリーム、中心がビターなガナッシュの2種類。さらに、クリームの間にクラッシュアーモンドが入っていて食感のアクセントもあり、食べる場所によって味わいが変わるので、食べ飽きません。

2品目:人気の「スフレ・プリン」から誕生した、ふわふわスフレケーキ

「スフレ・プリン」好きにはたまらない!? ふわしゅわなスフレ

2品目の「スフレケーキ チーズ」は、ファミマの人気スイーツ「スフレ・プリン」のスフレの部分をさらに進化させた商品。「スフレ・プリン」でもおなじみの「ふわしゅわ食感」のスフレだけを、味わえるようになっています。

軽い食感ながら、チーズの風味はしっかり!

ふんわり、しゅわっとほどける食感のチーズケーキ

「スフレ・プリン」では、プリンと一緒に食べているスフレですが、単体で食べると結構塩気がきいていて、濃厚な味わいであることに気づきます。

チーズクリームで味わいに濃淡をプラス

段階的にチーズの風味を感じられ、満足感のある味わい

生地の中には濃厚なチーズクリームが隠れており、味に濃淡をつけることに成功。土台がスポンジなので口どけがよく、特徴的な“ふわしゅわ食感”を活かしながら、チーズの存在感も感じられるように仕上がっています。

ファミマの次なる看板スイーツに!?

ダックワーズサンドは、新たなフレーバーにも期待!

ファミリーマートとしても、ヒット商品の「バタービスケットサンド」や「ふわふわケーキオムレット」に次ぐ看板スイーツとして育てていきたい商品のようで、店頭にはのぼりやポスターなどが飾られており、PRにも熱量を感じられます。

ダックワーズサンドは挟むクリームによってバリエーションが出せるので、早くもフレーバー違いの発売にも期待してしまいます(笑)。そういえば「スフレ・プリン」も、過去にチョコレートやミルクの味があった記憶が……。新作を想像しつつ、食べたいフレーバーを気ままにつぶやいたりしてみるのも、SNS時代ならではのひとつの楽しみ方かもしれません。
(文:笹木 理恵(コンビニスイーツガイド))
    ニュース設定