日本、豪州、韓国が突破! 史上初アジア勢3カ国が決勝トーナメントへ…欧州に次ぐ勢力に

30

2022年12月03日 03:16  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

[写真]=Getty Images
 中東・アラブ地域で開催されているFIFAワールドカップカタール2022、アジア勢の躍進が止まらない。

 今大会は開催国のカタールを含め、アジアから6カ国が出場。カタール、イラン、サウジアラビアは惜しくも敗退となったが、日本、オーストラリア、韓国がグループステージを突破し、初めてアジアから3カ国が決勝トーナメントに駒を進めた。これまでの最多は2002年の日韓大会(日本、韓国)、2010年の南アフリカ大会(日本、韓国)の2カ国だった。

 ここまではヨーロッパ(オランダ、フランス、ポーランド、イングランド、クロアチア、スペイン、ポルトガル)が7カ国、南米(アルゼンチン、ブラジル)とアフリカ(セネガル、モロッコ)が2カ国、北中米カリブ海(アメリカ)が1カ国となっている。このあと行われるグループGの最終節でアフリカ勢のカメルーンが勝ち上がらなかった場合、単独でアジアがヨーロッパに次ぐ勢力となる。

このニュースに関するつぶやき

  • オーストラリアがアジアに含まれる事に違和感あるけど、アジアサッカー連盟に所属しているからね。オセアニアサッカー連盟にいるよりは、対戦相手が強くてチーム強化になるから。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(23件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定