<高校生の習い事>趣味の習い事。子どもにバイト代から費用を出させる?それともすべて親が負担?

5

2022年12月03日 10:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

ママスタ

習い事には「将来に役立つもの」や「人生を豊かにするもの」など、さまざまな種類がありますよね。子どもによっては「こんな習い事をしてみたい」といった希望や主張も出てくるでしょう。今回ママスタコミュニティに寄せられたのは、習い事に関する費用の問題についてのお悩みでした。
『高校生の趣味の習い事、月謝は親が負担するものですか? それとも自分の趣味で習いたいのだから子どもが負担するべき? もうバイトができる年齢。自分の趣味に関する習い事だから、親がお金をだすのはどうなのかなと思いました。それともやりたいことなら何でもやらせてあげることが親の役割なのかな……』
子どもの年齢があがるにつれ、興味や関心の幅が広がっていきますよね。親とは異なる趣味や価値観も出てくるので、「そんな習い事をしたいの?」と思わず確認してしまいそうなことも出てくるかもしれません。

子どもの希望はできる限り叶えてあげられればいいですが、なかなかそうもいかないですよね。高校生ともなれば自分でアルバイトをして費用を捻出することもできます。子どもがまだ学生のうちは、習い事に関する費用は親がすべて負担するべきなのでしょうか?

高校生までなら親負担が理想


『親負担でしょ。子どもに負担させるなんて考えたこともなかった』
『高校生に対して、趣味の習い事をバイト代から出しなさいっていう親は少ないかもね。やりたいならお金を出してあげるよって親の方が大多数だと思うよ』
アルバイトができる年齢だとはいえ、高校生の習い事に関する費用を自分で稼いで払わせるという考えに、ママたちは賛成できかねるようです。

また、高校によってはバイト禁止の校則があるケースもあるでしょう。たとえバイトができたとしても、勉強や部活動との兼ね合いで、十分な費用が捻出できるかどうかも難しいかもしれません。そう考えると、高校生に習い事に関する費用を負担させることは、物理的に難しい可能性も出てきますね。

高校生の趣味や習い事、どこまで親が負担する?


投稿者さんのお子さんは、どのような習い事がしたいのでしょうか。
『バンドをやりたくてドラムを習いたいようです。初心者だから基礎をマスターするために音楽教室に行きたいんだとか。そうなると、月謝とかだけじゃなくドラムセットとかも親が負担するの?』
いずれはバンド活動をしたいので、基礎を身につけるため習い事にいきたいと希望している投稿者さんのお子さん。親としては習わせたいわけでもないので、月謝や付随して発生する費用に頭を抱えそうになる気持ちもわからなくはありません。さて、このような状況でもすべて親負担が望ましいのでしょうか。

月謝は親負担でも、付随する費用については応相談


芸術系の習い事となると、揃える道具にもかなりの予算が必要になるケースもありますよね。今回のケースでいえば「ドラムセット」。一式揃えるとなれば、それなりの金額になりそうですね。

普段の練習も必要になりますから、自宅にドラムセットが置けないとか、音を出すと近所迷惑になってしまうなどがあれば、練習場所の費用も発生します。これらすべて親が負担をするべきなのかと投稿者さんは悩んでいるのでしょう。
『ドラムを習う月謝代は親が出すけど、通う期間は決めるかな。ドラムセットはバイト代とかクリスマスプレゼントとかにして、無償であげることはしない』
『基本は家計負担にしてあげる。ただ高校生だし、負担していい金額の上限を決めておいて、それ以上になるなら自分で出してもらう。使う楽器も最初はできるだけ安いものを選ばせて、こちらも上限金額を決めておく。高価なものとかプロ仕様がいいと言われたら自分で買ってもらう』
ママたちの声を見ると、「月謝などの習い事先に支払う費用に関しては親が負担」という考えが目立ちました。しかし高価な道具やその他で発生する費用については、無条件で親が支払うという声もあれば、条件付きにしていると話すママもいました。すべて親負担にするにしても上限金額を設けておくことは必要かもしれませんね。

状況次第では子どもにも負担させることもあり

『私自身、高校時代にバイトしてギターを買った。親に出してなんて言わなかったよ』
すべてを親が負担するかどうかは、一度親子で話し合いをしてみる必要がありそうですよね。お子さん自身がどのように考えているかによって、親が負担する金額も変わってくるのではないでしょうか。

貯めているお小遣いやお年玉などを使って、道具だけは自分で買いなさい(足りない場合は補填する)などの交渉をしてみてもいいかもしれませんね。自分でお金を出したことで、「頑張ろう」と思える可能性もありますし。

親子の話し合いで決めることが大事

『高校生の習い事なら親負担が多いと思うけど、絶対って訳ではないよね。子どもと相談かな。家計がキツくて費用が捻出できなさそうなら、きちんと子どもに伝えたほうがいいと思う』
『親が賛同できない習い事ならお金は出さない。投稿者さんがドラムを習ってほしくないと思うなら、きちんと説明してお金は出さなければいい。それでも「自分で稼いででも習う!」とか言うなら、反対はできないかなあ』
子どもが希望するのであれば叶えてやりたいとは思うものの、家計の問題や親の気持ちの問題などで受け入れがたい、支払ってやれない状況もありますよね。そうなるとここでも親子の話し合いが重要になってきそうです。

子どもに考える力をつけさせるチャンス?



金銭的に厳しい、親の気持ちとして受け入れがたい。どちらにせよ、まずは正直にお子さんに話してみてはいかがでしょう。頭ごなしに「ダメ」と否定するのではなく、なぜムリなのかを伝えてみてください。なぜダメなのかを知らないことには、お子さん自身が気持ちの整理がつけられませんし考えることもできませんよね。きちんと話し合い、それでもお子さんが習いたいと希望するのであれば、どうすればいいかを一緒に考えてもいいですし、お子さん自身に考えてもらってもいいでしょう。

高校生なのだから、自分の趣味のことはすべて自分でと考えるのではなく、自分で考えて行動できるように親が働きかけ、促してあげることが大切であり必要なことかもしれませんね。自分で考える力を育てるチャンスと思い、お子さんと話し合ってみてはいかがでしょう。

文・櫻宮ヨウ 編集・荻野実紀子 イラスト・マメ美

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 私は貯金でギターとアンプ買ったけど親も補助金でいくらか出してくれたよ。消耗品その他はお小遣いから。月謝はバイト禁止だったので親。
    • イイネ!5
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定