清原果耶“翡翠”がスクールカウンセラーとして小学校へ潜入 『invert 城塚翡翠』第2話あらすじ

1

2022年12月04日 07:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『invert 城塚翡翠 倒叙集』第2話に出演する星野真里、清原果耶 (C)日本テレビ
 俳優の清原果耶が主演する、4日放送の日本テレビ系連続ドラマ『invert 城塚翡翠 倒叙集』(毎週日曜 後10:30)第2話のあらすじ・場面写真が公開された。

【場面写真】バレてもいい犯人役に挑戦した星野真里

 同作は、相沢沙呼氏によるシリーズ累計60万部突破『城塚翡翠』(講談社文庫)シリーズを実写化。綿密な犯罪計画を企てる犯人たちのもとに現れたのは“霊が視える”という探偵・城塚翡翠(清原)。翡翠は、パートナー・千和崎真(小芝風花)と、どうやって犯人を追い詰めていくのか。「あなたは探偵の推理を、推理することができますか?」。“すべてが、反転”し、今度は「犯人たちの視点」から描かれる、新たな倒叙ミステリー劇場が開幕する。

■第2話あらすじ

誰もいない夜の小学校――。教師の末崎絵里(星野真里)が、元校務員・田草明夫をコンクリートブロックで殺害する。絵里は、田草が3階から誤って転落したように偽装し、事故死に見せかけようとしていた。「私は何も間違ってない…」。そうつぶやく絵里。

翌日、遺体発見現場で待つ雨野刑事(田中道子)のもとに、鐘場警部補(及川光博)に加えて、本庁で噂を聞きつけた翡翠と真もやってくる。所轄の見立てによると、田草は理科準備室の高価な備品を狙ってベランダから侵入。廊下の防犯システムが作動し、慌ててベランダから地上に降りようとした際に転落し、頭を打って死亡したという。翡翠は、小さくほほ笑み言い放つ。「これは、殺人事件です」。

1週間後、翡翠はスクールカウンセラー・白井奈々子と称し、小学校に潜入。絵里に近づくと翡翠は、霊感で絵里の心理を当てられる、と迫る…。徐々に絵里を追い詰める翡翠だが、田草が学校に侵入し警報が鳴ったとされる時刻、絵里には確固たるアリバイがあった。

強い動機と信念を持って田草を殺害した絵里。その犯行を裏付けるためには決定的な証拠が必要…。はたして翡翠は、絵里の犯行を100%証明することができるのか。

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定