監督が「いつまでも幸せに暮らしました」の解釈語る『魔法にかけられて2』最新作誕生のきっかけとは?

0

2022年12月04日 14:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

『魔法にかけられて2』© 2022 Disney Enterprises
2Dアニメーションの世界と、現実世界を舞台に繰り広げられる名作ミュージカル・コメディの続編『魔法にかけられて2』よりアダム・シャンクマン監督のコメントが到着した。




本作は、前作から15年後を舞台にした最新作。先日ディズニープラスにて独占配信を迎え、SNS上では“ディズニーへのオマージュも多くて、最高に楽しい”といった賞賛のコメントが溢れている。

監督を務めたアダム・シャンクマンは「僕たちがこの仕事を始めた頃、世界では物事が本当に複雑になっていた。そして、多くの対立が起こっていたんだ。それで、いいタイミングだと思った。間違いなく、星が一直線に並んだんだ。この映画は適切なタイミングで公開された」と、本作はまさにいま公開されるべき作品だという。

「『ハッピリー・エバー・アフター』はとても大きなことだ。僕の『ハッピリー・エバー・アフター』は、友人や周りの大切な人たちの継続的な愛とサポートだと思う。なぜなら、この映画の重要な点は、それを受け入れることなんだ」と、本作ならではの「いつまでも幸せに暮らしました」の解釈を解く。

「『ハッピリー・エバー・アフター』は、人生が終わることはもうないというのを示しているから、それは時間が止まると言っているとか、悪いことが2度と起こらないというふうになったりするけど、人生はそういうふうにはいかない」と、現実では幸せなことばかりではなく、辛いことや困難が立ちはだかる。

「だから、良いことも悪いことも、友人たちと共に、喜びや愛やサポートとともに人生を歩んでいけるということなんだ。でたらめではなく。それが僕にとっての『ハッピー・エバー・アフター』だよ。このレベルの愛とサポートと友人と笑いを持ち続けられることだ。そして、音楽の中で笑うこと、それが僕にとってのハッピー・エバー・アフターだよ」と、本作のメッセージを語るアダム。

監督にとっての「いつまでも幸せに暮らしました」のメッセージは良いことばかりではない人生の中でも、家族や友人への愛を持ち続けられることだという。

本作で鍵になってくるのも、ジゼルをはじめ、ロバートやモーガンとの“愛”だ。郊外にある田舎町モンロービルに引っ越すことを決めたジゼル。しかし、その生活では引っ越しに反対だった娘モーガンとの溝は深まり、様々なトラブルも頻発。さらには、町で幅を利かせている嫌味ったらしいママ友、マルヴィーナ・モンローに目を付けられるなど災難続き…。

その結果、幸せだったアンダレーシアの生活を取り戻したいと願う彼女は意を決して魔法の力を借りることを決めるのだが、うっかり町全体を“おとぎ話の世界”に変えてしまう。やがて魔法の力はたちまち街や家族に危険を及ぼすようになり、明るく天真爛漫だったジゼルは、“いじわるな継母”へと次第に変わり始める…。

ジゼルと溝が深まっていたモーガンは、ジゼルを救うために奮闘することになるが、果たして変貌してしまったモンロービル、そしてジゼルを取り戻すことはできるのか? 「いつまでも幸せに暮らしました」のその先を描く物語の結末に、ぜひ注目してほしい。

『魔法にかけられて2』はディズニープラスにて独占配信中。




(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定