ミニマムグラマラスボディ RaMu、2023年はスタイリッシュなカレンダー

0

2022年12月04日 20:40  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真

148cmのミニマムボディに90cmのHカップの迫力バストが魅力のRaMuが、『2023年度カレンダー』の発売イベントを都内で開催した。


出来上がったカレンダーを手にしたRaMuは「今までは大きいバージョンのカレンダーを出させていただいたんですけど、今回はコンパクトに、そしてスタイリッシュなカレンダーになっていて、アメリカンテイストでポップな感じに仕上がっています」とコメント。


お気に入りには黒のファンキーな衣裳のいかつい雰囲気のカットを挙げ「普段は地毛でやっているんですけど、後ろ髪を付けてみたんですよ。わたしが髪の毛が短いのでバリエーションを増やすために付け毛をしました。このカットはニューヨークのスラム街をイメージしているので、ちょっと怖いイメージになっています」と紹介。ほかにも付け毛をしているカットがおすすめのようで「サングラスを頭につけて、おもちゃに囲まれているかわいらしいロリポップなカットです。このときにも頭の上にさっきの後ろ髪の付け毛を丸めて付けたんですよ。こちらではかわいらしい私が見られます」とアピールした。今回のカレンダーは、ちょうどいい大きさなので、飾る場所を選ばないというのがコンセプトでもあるそうで、「わたしはトイレに飾りますけど、みなさんには布教するためにも玄関開けたら見えるところに飾ってほしいです」と呼びかけた。


2022年はどんな年だったかと尋ねられると「今年の目標が、私の趣味を伸ばして仕事をすることだったんです。ゲーム・映画・動物とかなんですけど、その目標が叶いましたね。動物に関しては『ダウンタウンDX』(YTV)と『踊る!さんま御殿!!』(NTV)にも出させていただきましたし、映画に関してはコメントを出すお仕事もしました。ますますゲーム関連のお仕事も増えました。一歩がすごく大きかった年でしたね。本当にあっという間の1年でした」と振り返った。


来年の目標について聞いてみると「今年は映画に出演したんですけど、女優として出る側としてまた出演したいです。今年出た映画が血みどろになって叫ぶような作品だったんですよ。次は正義感にあふれるような役に挑戦したいです」と意気込みをみせ、プライベートでやってみたいことについては「人と会うことですね。さっきもスタッフさんに「グラビアアイドルで仲いい子いないの?」って聞かれたんですよ。いないとしか答えられなくて、本当にプライベートは人と遊んでいないので、コロナが落ち着いたころには人と会うことを頑張りたいと思います」とアピールした。

    ニュース設定