ヘアカラーで眉毛を染めた女性、海苔をのせたような衝撃的な結果に<動画あり>

2

2022年12月04日 22:11  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

果たしてどんな眉毛に?(画像は『REA 2022年11月29日付TikTok「I put it on with a brush idk how they got like this」』のスクリーンショット)
自分でヘアカラーをした女性が余った薬剤で眉毛を染めたところ、まるで眉毛の上に海苔をのせたような衝撃的な結果になってしまった。余りの酷さに女性は、TikTokで涙目になりながら自身の眉毛を披露、これが大きな反響を呼んだ。『The Mirror』が伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

TikTokユーザーのリアさん(REA、21)は先月末、ヘアカラー後の余った薬剤を使い眉毛を染めてみたところ、惨憺たる結果になってしまった。

TikTokに投稿された動画には「薬剤の塗布には筆を使ったの。なんでこうなってしまったのか分からないのよ!」と言葉が添えられており、リアさんが染めた髪をアップにし、眉毛を右手で覆っているのが見て取れる。

リアさんはまず「髪を染めようと決めたの。それで薬剤が余ったから眉毛を染めようと思ったわけ。ほんの少しだけね」と状況を説明、その後は次のように語った。

「眉毛を染めた後、部屋の片づけをしたの。その間、鏡をみることも携帯電話をチェックすることもなかったわ。」

「それでね。オーマイガー…。これから眉毛を見せるから、心の準備をしておいてね。なぜって本当に酷いのよ!」

こうして披露されたリアさんの眉毛は、まるで黒い味付け海苔をのせたようで、形もいびつでかなり太い。

あまりにも酷い仕上がりに、リアさんは泣き笑いの状態で口を押さえており「オーマイガー! これは痕が残ってしまうわ」と言いながら目を丸くし、信じられないといった表情を浮かべている。


そんなリアさんの眉には「映画『アングリーバード』の太い眉の赤い鳥(レッド)だね」「漫画『NARUTO』に登場するロック・リーに似ている」「開いた口が塞がらない」「あり得ないね」といったコメントのほか、「こうなったらもう眉を剃ってしまったら?」「コットンパフに牛乳を付けて落としてみたら?」「漂白剤を水で薄めて使ったら?」「同じ薬剤をもう一度塗布してこすってみたら?」「除光液はどう?」「手指消毒剤は?」「オイル入りのメイク落としは?」「動画を撮ってないでさっさと落とさないと」といったアドバイスが寄せられた。


リアさんはその後洗顔し、ウェットワイプでほとんどヤケクソ状態で眉毛をこすっている動画を投稿、肌は心なしか赤くなって腫れており「他にも色々試してみたけれど、落ちないの! もう30分になるかしら…。明日は仕事なのにどうしたらいいの!」と悲鳴をあげていた。ただ時間が解決してくれたのか、3日後には普通の眉毛を取り戻したようで、眉毛カラーの失敗についてはその後一切触れていない。


ちなみにリアさんの場合はセルフカラーによる失敗だったが、過去には眉毛パーマと眉ティントをセットにした「アイブロウラミネーション(eyebrow lamination)」をサロンで受けた女性の眉毛が「ナメクジのようだ」と話題になっていた



画像は『REA 2022年11月29日付TikTok「I put it on with a brush idk how they got like this」、2022年11月29日付TikTok「it’s not funny I’ve got work tomorrow」、2022年12月1日付TikTok「I sound jealous but I promise I’m not」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

このニュースに関するつぶやき

  • 加藤諒でした
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定