『鎌倉殿の13人』“尼将軍・政子”小池栄子と“実衣”宮澤エマの絆に感動「涙しかない」

1

2022年12月04日 23:01  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第46回「将軍になった女」より (C)NHK
 小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第46回「将軍になった女」が4日に放送され、自ら将軍になる決意をした政子(小池栄子)と、その妹・実衣(宮澤エマ)の姿が描かれると、ネット上には「政子と実衣の絆に泣いた」「涙しかない」といった声が集まった。

【写真】政子(小池栄子)は自身が将軍になることを弟・義時(小栗旬)に提案  『鎌倉殿の13人』第46回「将軍になった女」場面カット

 実朝(柿澤勇人)の死後、実衣は自身の息子・阿野時元(森優作)を次の鎌倉殿にしようと画策。しかしその企みは三浦義村(山本耕史)を通じてすぐに露見。時元は自害してしまう。

 実衣は姉・政子の前で涙を流しながら「どんな罰も甘んじて受けます」と力なくつぶやく。そんな妹に対して、政子は必死に「あなたに死んでほしくないの!」と訴える。しかし取調べの末、物証を突きつけられた実衣は開き直るように「認めます」と口にする。実衣の兄で執権の北条義時(小栗)は激怒。無慈悲に「厳罰に処すべき」「首をはねてしまえ」と言い張るのだった。

 一方、朝廷から養子を迎え鎌倉殿にすえる問題は、慈円(山寺宏一)の身内でもある2歳の三寅(越田一央織)を受け入れることで決着する。義時は幼い三寅が元服を迎えるまで、執権として自分が鎌倉を治めたいと話すと、政子は「なりません」と一言。そして「私が鎌倉殿の代わりとなりましょう」と宣言。政子は三寅の元服まで自らが将軍になると主張する。

 政子が自ら申し出て“尼将軍”となる展開に、ネット上には「姉上ついに立つ!」「尼将軍の爆誕である」「尼将軍きたー!」などの声が続出。

 政子の意思を受け入れた義時は「姉上にしては珍しい」とポツリ。これに政子は「どうしてもやっておきたいことがあります」と笑顔で応える。そしてラストシーンでは政子と実衣が対面。尼将軍として権力を手にした政子が、捕らえられ憔悴しきった妹・実衣を「放免になりましたよ」と助けるのだった。

 姉妹が涙を流して抱き合う姿が写し出されると、ネット上には「尼御台優しい」「政子と実衣の絆に泣いた」「もう涙しかない」といったコメントが相次いだ。

このニュースに関するつぶやき

  • 政子は実衣以外にも妹がいて、頼朝の親戚である足利氏に嫁いどる。足利も鎌倉殿の血縁的資格を持つため、実朝死後に不穏な動きを見せれば、阿野時元のように粛清されていた可能性もあった。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定