月10『エルピス』第7話あらすじ 再審への突破口となるか、恵那(長澤まさみ)は“奇跡的なニュース”に期待が高まる

1

2022年12月05日 09:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『エルピス―希望、あるいは災い―』第7話カット(C)カンテレ
 俳優の長澤まさみが主演を務めるカンテレ・フジテレビ系ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』(毎週月曜 後10:00)の第7話が、きょう5日に放送される。

【動画】月10『エルピス』第7話あらすじ

 副総理大臣の大門(山路和弘)が八飛市出身だと気づいた恵那(長澤)は、新聞記者のまゆみ(池津祥子)に大門の身辺調査を依頼。かつての斎藤(鈴木亮平)の言動から、警察に対し絶大な力を持っていた大門が、事件に何らかの形で関与しているのではないかと考えたのだ。

 一方、経理部へ異動した拓朗(眞栄田郷敦)もまた、引き続き事件を追っていた。しかし、新たな手掛かりは何も得られず、調査は八方ふさがり。このままでは松本死刑囚(片岡正二郎)を救い出すどころか、事件は風化してしまう。落ち込む拓朗が村井(岡部たかし)に愚痴をこぼしていると、そこへ、とんでもないニュースが飛び込んでくる。

 やがて、まゆみの協力により大門に関わる重要人物のリストを手に入れた恵那は、ある仮説を立証すべく、多忙な自分に代わってその人物たちを調べてほしいと拓朗にリストを託す。局の看板アナウンサーに返り咲き、もはや自分とは違う世界の住人となった恵那の態度に、不満とどこか寂しさを感じる拓朗。するとその矢先、拓朗の元に意外な人物から電話がかかってくる。

 実在の複数の事件から着想を得て描く社会派エンターテインメント。スキャンダルでエースの座から転落したアナウンサー・浅川恵那(長澤)と仲間たちが女性連続殺人事件のえん罪疑惑を追い、一度は失った“自分の価値”を取り戻していく。うだつのあがらない若手ディレクター・岸本拓朗役で眞栄田、恵那と拓朗の先輩で報道局のエース記者・斎藤正一役で鈴木が共演する。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • このドラマ、観ていて面白い回と観ていて退屈な回の差が大きくて、何かビミョーなんだけど、これからは最終回に向けて面白くなるんだろうね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定