国宝展、会期の1週間延長を発表 多くの観覧希望の声を受け

23

2022年12月05日 17:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

(画像は公式サイトより)

 東京国立博物館で開催中の特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」の会期の延長が発表されました。12月11日までを予定していた会期が、18日まで延長されます。



【画像】会期延長の詳細を見る



 同展は事前予約制で、多くの利用者から観覧を希望する声があり、開館時間の延長、休館日の臨時開館など、観覧機会の提供に努めてきたとしています。今回、文化財保護の観点から展示作品の状態などを考慮したうえで、12月18日までの1週間に限って会期を延長することにしました(12日は休館)。



 なお、会期延長期間は作品保存上の理由から展示内容を調整するため、12月11日時点での展示作品のうち、一部は公開を終了します。会期延長期間中の展示作品は出品作品リストから確認可能です。



 会期延長期間の予約日時も発表され、12月13日〜12月15日の日時指定券は、12月7日12時から。12月16日〜12月18日の日時指定券は、12月9日12時から予約を受け付けます。なお、12月13日から12月18日は20時まで開館します(常設の総合文化展は17時閉館)。


このニュースに関するつぶやき

  • コロナで日時指定予約にして、来館者を絞っているのもあるのでしょうね。コロナ前は、企画によっては5時間待ちとかあったような。あと、記事にもある「作品保存上の理由」で、一定期間以上展示しない事が、東博のルールにある。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ニュース設定