JR東日本、マイナポイント申請で「どこかにビューーン!」を4000ポイントで利用できるキャンペーン 「もう申請しちゃったよ!」と泣く人も

3

2022年12月05日 21:12  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

通常往復6000ポイントで行き先がランダムに決まる「どこかにビューーン!」(画像:JR東日本のWebサイトより)

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は、マイナポイントをSuicaで申し込み、条件を満たすと、「どこかにビューーン!」をお得に利用できる「マイナポイントで『どこかにビューーン!』キャンペーン」を開始しました。



【画像】「どこかにビューーン!」で選ばれる行き先



 「どこかにビューーン!」は、JR東日本がおすすめする4つの行き先候補駅(新幹線停車駅)の中から「どこか」1つの駅へ、「JRE POINT」6000ポイントで往復利用できるサービス。12月1日から申込受付を開始しており、出発駅は東京駅、上野駅、大宮駅の3駅から選択できます。



 今回実施するキャンペーンでは、エントリー期間中に専用サイトからエントリーして、条件達成期間中にマイナポイントの交換先としてJREポイントを選ぶと、通常6000ポイント必要な「どこかにビューーン!」を4000ポイントで利用可能となるクーポンを1人1枚プレゼントします。



 条件は、キャンペーンへのエントリーに加えて、マイナポイント第2弾のうち「JRE POINTに登録したSuicaへのチャージ」「健康保険証としての利用申込み」「公金受取口座の登録」のいずれかを満たすこと。条件を達成すると、エントリーとマイナポイントの登録を行った翌月下旬以降に、クーポンがメールで配信されます。



 キャンペーン期間は2023年2月28日までで、獲得できるクーポンの利用期限は2023年7月出発分まで。なお条件のうち11月30日までに達成したものはキャンペーンの対象外となります。



 ただでさえお得な「どこかにビューーン!」がさらにお得になるとしてネット上での反響は大きかったようですが、すでにマイナポイントの申請を全て終わらせてしまったという人からは悲しみの声も上がっていました。



 なおマイナポイント第2弾の付与対象となるマイナンバーカードの申込期限は12月31日までです。


このニュースに関するつぶやき

  • マイナポイントとやらの存在自体がおかしい。マイナンバーカードを普及させるための餌であると同時に、官民癒着の温床でしかないと思う。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定