またも16強の壁を越えられず…三笘薫が悔しさ滲ませる「流れを変えることができなかった」

33

2022年12月06日 07:18  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

クロアチア戦に出場した日本代表のFW三笘薫 [写真]=Getty Images
 日本代表FW三笘薫(ブライトン/イングランド)が、5日に行われたFIFAワールドカップカタール2022・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)のクロアチア代表戦を振り返った。

 過去最高成績となるベスト8進出を目指し、”難敵”クロアチア代表との大一番に臨んだ日本代表。43分にセットプレーの流れから前田大然の今大会初ゴールで先制した日本代表だったが、55分にイヴァン・ペリシッチに強烈なヘディングシュートを叩き込まれ試合は振り出しに。その後は一進一退の攻防が続き、両チームともに勝ち越し点を奪えないまま、試合はPK戦に突入。PK戦を3−1で制したクロアチア代表が準々決勝にコマを進めた。

 64分に長友佑都との交代でピッチに立った三笘は、得意のドリブルで日本代表の攻撃を活性化。延長前半には惜しいシュートを放つなど見せ場を作ったが、勝ち越し点を奪うことはできず。PK戦では2番目のキッカーを務めたものの、シュートはクロアチア代表の守護神ドミニク・リヴァコヴィッチにセーブされた。

 試合を振り返った三笘は「やはり試合に入るのが難しくて、徐々に徐々に入ることはできましたが、チャンスのところで行ききれなかったことは悔いが残ります。自分自身がそういう実力だったと思うので、仕方ないと思います。流れを変えることができませんでした」と自身のプレーを分析。対戦相手のクロアチア代表については「ウイングバック(WB)をしていてゴール前の怖さは感じました」とコメントした。

 今大会は”攻撃の切り札”として途中出場から日本代表の攻撃を活性化し、強豪撃破に大きく貢献した三笘。大会全体を「自分の役割を全うしようと思いましたけど、悔しさしかないです。(ベスト16の)壁は大きいと感じました。今日も中に入って『強いな』と思いましたし、自分たちがそう思われるような戦い方をしなければならないと大会を通して感じました」と振り返りつつ、今後の戦いに向けた意気込みを次のように示した。

「代表でもチームを勝たせる存在にならなければならないと思いますし、W杯で活躍できる選手、ベスト8に導ける選手が良い選手だと思うので、4年後にもう一度頑張りたいです」

このニュースに関するつぶやき

  • 謙虚で素直だからまだまだ伸びるね
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(21件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定