A.B.C-Z五関晃一、ベートーヴェンの弟子に “不滅の恋人”めぐるリーディング・コンサートで主演

0

2022年12月06日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

五関晃一
 人気グループ・A.B.C-Zの五関晃一が、来年3月上演のリーディング・コンサート『ベートーヴェン/届かなかった手紙』で主演を務めることが発表された。天才作曲家ベートーヴェンの弟子役を演じる。

 ベートーヴェンの死後、秘密の戸棚から三通の恋文が発見された。手紙では相手を“不滅の恋人”としか称しておらず、今なお解明と研究が行われている。今作は、この音楽史上最大のミステリーを巡る朗読と名曲の生演奏の融合させたリーディング・コンサートとなる。

 五関は、“不滅の恋人”の謎の解明にあたるベートーヴェンの弟子フェルディナント・リース役。構成・演出は読売日本交響楽団のチェリスト渡部玄一が担う。

 会うことがかなわない相手へ一刻も早く伝えたいという情熱がほとばしる恋文。しかし、なぜ恋文がベートーヴェンの自宅にあったのか、そしてこの女性は一体だれなのか。五関演じるリースが女性を探す旅に出て、ベートーヴェンの意外な素顔を知ることになる。

 リースは1784年に現在のドイツ西部ボンで生まれ、ベートーヴェンのピアノの弟子となった。演奏会の補助や交渉などの実務もこなし、難聴をフォローするなど、高い信頼と愛情を受けたとされる。ピアニストとしてデビューするが、フランス革命からヨーロッパ全土に波及した戦争のため、ボンに逃れ、これがベートーヴェンとの終生の別れとなった。

 東京・紀伊國屋ホールで来年3月16日〜19日に上演される。
    ニュース設定