二宮和也、京本大我との共演は「普通の俳優の後輩の人と同じ感覚」 満島ひかりと“メンバーカラー”話題で盛り上がる

0

2022年12月06日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『TANG タング』映像特典「ビジュアルコメンタリー 二宮和也×満島ひかり×三木孝浩監督(C)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
 人気グループ・嵐の二宮和也が主演の映画『TANG タング』のブルーレイ・DVD(来年1月6日発売)に収録される、二宮、満島ひかり、三木孝浩監督によるビジュアルコメンタリーの収録模様が公開された。3人は本編を観ながら、キャストやスタッフから届いた質問に回答したり、今だから話せる撮影現場の裏側などを語り合うなど、ここでしか観られない約2時間に及ぶスペシャルトークを展開している。

【写真】二宮が涙をみせる名場面

 収録冒頭、ビジュアルコメンタリー初体験だという満島が興味津々な様子で「これはすごい体験だね。今まで経験がなかった。みんな普段、こういうのやっているの?」と尋ねると、二宮と三木監督は「わりとやっていますね」と返答。思わず「そうなんだねぇ」としみじみ返した満島は、「二宮さんのおかげか、撮影現場はすごく平和で。みんなわりとニコニコしていたんですよね」と撮影当時を振り返る。そのコメント通り、収録中もところどころで笑いが起こるなど、現場の良好な空気感を醸し出す。

 二宮演じる主人公・健の相棒となるロボット・タングの動きを、二宮自身がモーションキャプチャーで撮っていること、そしてタングのセリフづくりにも深く関わっていたことなどが明かされていたが、そんな二宮の貢献度の高さに、満島も「もうスタッフの一員だよね。出ている時間よりもそういうことをやっている時間の方が長いもんね」と感銘を受けた様子。「そう、半分裏方だもんね」と同意する三木監督に、二宮も「映画に出ていた時点で、俺にとっては一個目のゴールだったからね」と笑ってみせる。

 同作には、二宮の事務所の後輩である京本大我(SixTONES)も出演し、大企業アトビットシステムズ社でデザインを担当する林原伸二を演じた。京本の登場シーンがスクリーンに映し出されると「なかなかここまでワントーンのブルーのセットアップが似合う人はいませんよね」とほれぼれした様子の三木監督。満島が「先輩と共演して緊張したでしょうね」と続けると、二宮も「いや、緊張するでしょ」とたたみかける。

 二宮は、今作で初共演となり、芸歴も離れた後輩・京本との関係について「僕には事務所にこの(京本とのような)関係性の先輩がいないんですよ。京本くんとの芸歴は20年くらい違うし、それこそ彼は僕らの歌番組やコンサートでバックについたこともなくて、Hey! Say! JUMPとかそういう年代の子たちのバックについていた子なので、僕にとってはむしろ普通の俳優の後輩の人と同じ感覚ですね」とコメント。さらに「でも向こうはそうじゃないだろうし、20年近い先輩と一緒にお芝居するって、俺は考えられないな。本当にすごいですよ」としみじみ付け加えた。

 また、夫婦役で共演した二宮との相性の良さに満島は「お仕事を始めた時期とか、観てきた時代が一緒なのは大きいかな」と分析すれば、二宮も「それはめちゃくちゃ大きいよね」と同意。さらに満島が「グループの中で(イメージカラー的な)色とかあった?」と尋ねると、二宮は「黄色」と回答。思わず「一緒だ」と大盛り上がりの2人は、「黄色の人って黄色っぽい性格」「ジャニーズでは黄色担当の黄色がお芝居をすることが多い」といった「黄色話 」で盛り上がる場面もあった。

 三木監督は「撮影の初日も、初日からのなじみ具合が、何の違和感もなかった」と2人の印象を語る。それに対して満島が「確かに。なんのストレスもなかった」と深くうなずくと、二宮も「もちろん他の人がストレスというわけではないですが、今回はしっくりきたんですよね」と納得する。

 その後も、小手伸也、かまいたち、武田鉄矢ら、次々と登場する個性豊かな共演者たちとの裏話や、セットやロケ地などのこだわりポイント、監督激推しの劇中衣装の話や、撮影の技術的なポイントなど、多岐にわたる話題、裏話を次々に披露していく。

 撮影は2021年3月から5月にかけて行われ、二宮が「コロナがはやってから、打ち上げというものがなくなったので、きょうみたいな会はありがたい。本来、打ち上げでは撮影の思い出とか、愚痴とか、笑い話とかをするんですけど、この映画では我々も打ち上げができなかったから」と語ると、三木監督も「今日はプチ打ち上げという感じですね」とコメント。終始、懐かしそうな様子で、和気あいあいと語り合う3人の姿が印象的な収録となった。

 プレミアム・エディションには「ビジュアルコメンタリー 二宮和也×満島ひかり×三木孝浩監督」の他に、約42分間の「メイキング」や、劇場公開時に開催されたジャパンプレミアをはじめとする「イベント映像集」など、合計230分を超える映像特典が収録されているほか、初回仕様の封入特典には、二宮とタングのビジュアルが描かれたペーパースタンドや、プレミアム・エディション用に一からデザインされた32ページのブックレット、また108ページに及ぶ本編の絵コンテが封入されている。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定