【最新チャート】Bialystocks『Upon You』上位が続く!来年にはファーストツアーも

0

2022年12月06日 12:00  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真
J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』で、Taylor Swiftの『Anti-Hero』が4週連続1位を獲得した。また上位に、Bialystocksや由薫という「J-WAVE SONAR TRAX」選出の期待のアーティストが並んだ。

このチャートは、J-WAVE全番組のオンエア回数、Billboard JAPAN協力の各音楽ストリーミングサービス、ダウンロード、動画再生回数、CDセールス、Twitterのツイート回数をポイント計算。番組では世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは12月4日(日)付のチャートを紹介!

10位:Years & Years『100% Pure Love』

『100% Pure Love』はアメリカのデパートチェーンTargetのホリデーシーズンCMソング。Years & YearsはUKのスタンドンで開催される夏フェスStandon Callingの2023年のヘッドライナーとして出演が発表された。7月20日から23日までの4日間おこなわれるこのフェスでは、ほかにもBloc PartyやThe Human Leagueなどの出演が発表されている。

9位:Jungkook『Dreamers』

熱戦が続くFIFAワールドカップカタール大会の公式ソング。11月20日に開催された開会式にJungkook自身が登場してパフォーマンスを披露し、世界中にその姿が配信された。ワールドカップでの韓国はグループステージを突破してベスト16に進出。次はベスト8をかけて強豪ブラジルと対戦する。

8位:桑田佳祐『なぎさホテル』

先週から9ポイントアップでトップ10入り。現在ライブツアー「お互い元気に頑張りましょう!!」の真っただ中で、12月4日は京セラドーム大阪でライブを開催した。ソロ活動35周年の桑田、この曲はその偉業を伝えるべく初のベストアルバム『いつも何処かで』に収められた新曲。ちなみに『なぎさホテル』は実際に神奈川県の逗子にあったホテルで、そこから着想を得て桑田が曲を書き上げた。

7位:King Gnu 『Stardom』

現在開催中のFIFAワールドカップカタール大会を盛り上げるNHKサッカーのテーマソング。この曲のコーラス隊として日本代表応援団がレコーディングに参加して、楽曲に魂を注入した。

6位:米津玄師『KICK BACK』

話題のアニメ『チェンソーマン』(テレビ東京他)のオープニングテーマ。今週は先週から1ポイントアップで6位となった。

【関連記事】YUKI、エレカシ、米津玄師…音楽プロデューサー・蔦谷好位置が語る「転機となった楽曲」

5位:P!NK『Never Gonna Not Dance Again』

P!NKは2023年7月から10月まで北米21都市でスタジアムツアーを開催すると発表。『Never Gonna Not Dance Again』も収録される9枚目のスタジオアルバム『TRUSTFALL』は2023年2月にリリース予定だ。

4位:Official髭男dism『Subtitle』

テレビドラマ『silent』(フジテレビ系)主題歌。先週まで3週連続2位が続いていたが、2ポイントダウンで今週は4位となった。

3位:Bialystocks『Upon You』

『Upon You』は11月のJ-WAVE SONAR TRAXに選出。ファーストアルバム『Quicksand』もリリースされて、先週から3位のポイントを維持した。2023年は東名阪でのファーストツアーを実施し、東京は2月18日(土)恵比寿LIQUIDROOMでの開催となる。

【関連記事】映画監督としても活動するBialystocks・甫木元空が、ものづくりの原点を見つめ直したときに出会った曲

2位:由薫『No Stars』

11月度のJ-WAVE SONAR TRAXに選ばれたこともあり、オンエア好調で順位を上げて今週は先週から3ポイント上げて第2位に。同曲には「夜道を照らす星がなくても、自分自身が星の輝きを放って道を照らし強く生きる」というメッセージが込められている。

1位:Taylor Swift『Anti-Hero』

安定の4連覇達成。Taylorには2014年から一緒に生活しているOlivia Bensonという猫がおり「究極の大富豪ペットリスト」というサイトで、Oliviaは2022年に世界で3番目に裕福なペットに。その資産価値は9700万ドルで、日本円でおよそ130億円。インスタグラムのいいねの数や、ネット上での影響力、飼い主であるTaylorのミュージックビデオに出演したり、大手飲料メーカーやスニーカーブランドの広告への出演料、そしてTシャツなどのオリジナルグッズの売り上げを足した結果だという。

1位:Taylor Swift『Anti-Hero』
2位:由薫『No Stars』
3位:Bialystocks『Upon You』
4位:Official髭男dism『Subtitle』
5位:P!NK『Never Gonna Not Dance Again』
6位:米津玄師『KICK BACK』
7位:King Gnu 『Stardom』
8位:桑田佳祐『なぎさホテル』
9位:Jungkook『Dreamers』
10位:Years & Years『100% Pure Love』


『SAISON CARD TOKIO HOT 100』ではさまざまなデータをもとに、世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。放送は毎週日曜の13時から。

番組情報

SAISON CARD TOKIO HOT 100


毎週日曜
13:00-16:54




クリス・ペプラー



オフィシャルサイト

    ニュース設定