「Amazon GameLift」でオンプレサーバを活用できる「Anywhere」一般提供 AWSのゲーム開発向けサービスに新機能

0

2022年12月06日 12:02  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

Amazon GameLift Anywhere利用時のイメージ

 米AWSは12月1日(現地時間)、ゲーム開発向けサービス「Amazon GameLift」でオンプレミスサーバなどを管理できる新機能「Amazon GameLift Anywhere」の一般提供を始めた。東京リージョンなど、Amazon GameLiftが使える10以上のリージョンで利用できる。



【その他の画像】



 Amazon GameLiftはマルチプレイヤー用のゲームサーバを提供するフルマネージドサービスだ。Amazon GameLift Anywhereでは、Amazon GameLiftでクラウドサーバだけでなくオンプレサーバなどローカルのハードウェアを登録・管理可能になる。



 これによりゲームサーバの管理を一元化でき、運用の複雑さを改善できるという。ローカルのワークステーションを登録することもでき、使い慣れたデスクトップ環境でのサーバ構築も可能になるとしている。



 Amazon GameLiftのユーザーから「すでに契約しているオンプレミスなど既存のインフラも使いたい」という要望があったことから、βテストを経て一般提供に至った。Amazon GameLiftは2016年に提供が始まったサービスで、国内ではガンホー・オンライン・エンターテイメントなどが導入している。


    ランキングIT・インターネット

    ニュース設定