日本ハムファイターズの新球場「エスコンフィールド」、完全キャッシュレス化 現金取扱なし

1

2022年12月06日 13:12  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真

 2023年3月に開業する北海道日本ハムファイターズの新球場「ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールド)」は完全キャッシュレス化され、現金は取り扱わない計画だ。三井住友カードがキャッシュレス環境を構築する。



【その他の画像】



 12月6日の三井住友カードの発表によると、エスコンフィールドおよびその周辺の「北海道ボールパーク Fビレッジ」では、飲食物やグッズの販売など全店舗がキャッシュレス化し、現金を取り扱わない。



 スタジアムでは、お釣りの受け渡しなどの現金授受により会計に時間がかかり、長蛇の列に並ばざるを得ないほか、大事なシーンを見逃してしまうこともある。三井住友カードは、キャッシュレス決済を導入することで、限られた時間を最大限活用できるとしている。



 三井住友カードの決済端末「stera terminal」や「stera mobile」を各店舗に設置するほか、球場の売り子にもstera mobileを配布する。またFビレッジとJR新札幌駅、北広島駅などを結ぶシャトルバスにも、クレジットカードのタッチ決済で乗車できる「stera transit」を導入する。



 決済端末の各steraはクレジットカードだけでなく、電子マネーやQRコード決済が利用できる。


このニュースに関するつぶやき

  • とうとうここまできたか。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定