関東 正午の気温は年間で一番寒い時期より低い 都心6.8℃ あすも冷え込み厳しく

0

2022年12月06日 13:24  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

関東 正午の気温は年間で一番寒い時期より低い 都心6.8℃ あすも冷え込み厳しく

きょう6日、関東はくもりや雨で、正午の気温は7℃以下の所がほとんど。年間で最も気温が低い、1月中旬から下旬の平年の最高気温を2℃以上下回る厳しい寒さです。午後は次第に日が差して、気温は上昇するものの、10℃以下の所が多いでしょう。



●次第に日差し 気温10℃以下でヒンヤリ


きょう6日正午、関東はなかなか雲がとれにくく、栃木県や茨城県、千葉県を中心に冷たい雨が降っている所があります。正午の気温は、東京都心で6.8℃、横浜市で7.4℃、千葉市で6.7℃、さいたま市で7.0℃、前橋市で9.0℃、宇都宮市で5.1℃、水戸市で5.6℃となっていて、7℃以下の所がほとんどです。寒かったきのう5日の正午よりも2℃前後低く、年間で最も気温が低い1月中旬から下旬の平年の最高気温を下回る厳しい寒さです。冷たい北風も吹いて、体感的には一段と寒く感じられます。雨は昼過ぎにはやむ見込みで、午後は次第に日が差すでしょう。気温はやや上昇するものの、10℃以下の所が多く、年末年始頃の寒さとなりそうです。このあとも、暖かいコートやマフラーなど防寒対策をしっかりとしてお過ごしください。


●けさは都心など今季一番の冷え込み あす以降も冷え込み続く


きょう6日朝は、午前9時までの最低気温が東京都心で4.1℃、千葉市で4.7℃、横浜市で5.0℃まで下がるなど、今季これまでで一番冷えた所もありました。あす7日朝は、けさと同じかけさ以上に冷える所もありそうです。北部では8日朝は更に冷え込みが強く、市街地でも0℃近くまで下がる日があるでしょう。あす7日から日中は寒さが和らぎますが、朝晩の厳しい冷え込みが続きますので、体調を崩さないようにご注意ください。


    ニュース設定