フェアレディZ、GT-R、スープラ、レクサス RC F/LC ゼロヨン最強な国産スポーツカーはどれだ? マジ対決が面白い

2

2022年12月06日 18:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

どれが最速? 現行国産スポーツカー6台で「夢のゼロヨン対決」、結果は……

 フェアレディZ、GT-R、スープラ、レクサス RC F/LC……。今、国産スポーツカーで「ゼロヨン最強」なのはこれだ! カーカスタムブランドのKUHL Racingが、名だたる日本のスポーツカー6台を集めた夢のゼロヨン対決を敢行。「ぶっちゃけどれが最速なのか!」をマジ検証しました。



【画像】異次元の速さだったGT-Rの様子



 KUHL RacingはGT-RやGR 86などのスポーツカーから、プリウス、ハイエース、アルファードなどのエコカーやミニバンまで、エアロパーツやコンプリートカーを自社開発で手掛ける総合カーカスタムブランド。今回は、これから新カスタムパーツの開発を行う予定とする新型「フェアレディZ」が入ってきたので、このノーマル状態実力チェックを兼ねて対決だー、となりました。



 集結したのはフェアレディZとKUHLのパーツを装着した国産スポーツカー各種、GT-R、スープラRZ、レクサス LC500、LC500h(ハイブリッド/関連記事)、RC Fです。わぁぁ、スゴいやつばかり。どれがイチバン速いんだろうー!



 特にライバルとなる、日産・フェアレディZとトヨタ・スープラとの対決に注目です。



 ではスタート!



 ……いきなりGT-Rが、速ぇぇぇ。速すぎる。タイムは11秒94でした。



 GT-Rは2ペダルのDCT仕様かつカスタム済みの同社看板カー、対してZはほぼノーマルかつMT仕様であるハンディはありますが、GT-Rだけ何か別格でした……。



 続いて13秒台で、スープラの13秒15、RC Fの13秒54、LC500の13秒66、Zは13秒85、LC500hの13秒86となりました。



 タイムの数値だけだとわずかの差と感じるかもしれません。でも、動画で見ると意外と大きく違うんですね。各車にアクションカムを付けてくれたおかげで「これだけ速えーのか、離されるのか〜、いやアレには負けない!」の差を各車のドライバー目線でも感じられてめっちゃ面白い!



 動画には「なんてワクワクする対決なんだ」「GT-Rのスタートダッシュ凄すぎる」「R35が異次元すぎて草」などのコメントが多く寄せられていました。そして、今回はノーマルで挑んだ新型Zもこの結果では終われないでしょう。カスタムして性能を高めたZのリベンジにも期待です。



(カナブンさん)


このニュースに関するつぶやき

  • 誰かBNR35で能登半島から房総半島まで公共交通機関と勝負する人いない?
    • イイネ!4
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定