本物の人間の動きを取り入れた“バーチャル店員”「xR Cast」が気になる

0

2022年12月06日 18:21  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真
労働者人口の減少といった社会問題化する中、近い未来には店舗や受付など接客が必要な領域で深刻な人員不足が発生することが予想されているようです。

そんな中、株式会社kiwami(以下、kiwami社)は、接客を効率化するだけでなくより満足度の高い顧客体験を提供するソリューション「xR Cast」の開発を進めています。
より人間らしい「バーチャル店員」「xR Cast」は、バーチャルなキャラクターによって満足度の高い顧客体験を提供するためのソリューション。

アバターの動きをプログラムではなく、実際の人のモーションキャプチャーを撮影して適用させるところまで内製化しているため、より人間らしい挙動で接客することが可能です。

なお、xR Castの展開にあたり、kiwami社は法人向けの専用3Dアバター制作を実施しています。企業のコンセプトや、ブランドイメージに合わせて専用アバターを制作し、あらゆるVR店員施策の効果を最大化するとのことです。
3Ⅾアバターでリモート接客xR Castのソリューションの一つである「xR Cast HoloPhone」は、3Dアバターを活用して有人のリモート接客を実現するサービス。独自のxR Castテクノロジーを活用しており、インターネット回線を経由して利用できます。

例えば、オペレータが遠隔で店頭の顧客に各種案内や申し込み受付対応を実施するといった使い方が可能です。

オンライン接客のほか、店頭カウンター接客や大型モニターでのMCといった近い道もあるとのこと。商業施設や駅構内、住宅展示場など、さまざまな場所で活躍してくれるでしょう。
コンパクトなホログラム型スマートサイネージkiwami社は、xR Cast以外にも、さまざまなシステムやサービスを開発しています。例えば、空中ディスプレイとスマートフォンを活用した小型ホログラム型スマートサイネージ「HoloVase S」。

「商品棚に置ける店員さん」をコンセプトとしたHoloVase Sは、従来のサイネージやコミュニケーションロボットよりもコンパクトかつ低コストとなっており、さまざまな場所への設置が可能です。

独自のHoloVase専用アプリを使えば、ホログラムのVR店員(xR Cast)を使った接客、音声認識や画像認識による商品紹介や、バーコード決済などに活用できるといいます。

PR TIMES(1)(2)

xR Cast

xR Cast HoloPhone

HoloVase

(文・Haruka Isobe)

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定