話題のAIに今川焼きの作り方を入力 → “とんでもない名称”が爆誕してしまう 「今川焼きでも大判焼きでもなかった」「これに統一しよう」

204

2022年12月06日 20:23  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

まるでイタリアのお菓子みたいな名前が出てきました(画像提供:@bironistさん)

 人間の質問に答える話題のチャットAI「ChatGPT」に、地域によって呼び名が変わる“例の和菓子”を示したところ新たな呼び方が生まれてしまい、Twitterで反響を呼んでいます。その名も「アンコリーノ」。またクセの強いのが現れたな……。



【画像】編集部でもやってみた結果



 Twitterユーザーのbironistさんが、例の和菓子の作り方の説明をして、AIに「名前を教えてください」と質問したところ、寸分の迷いもなく「アンコリーノです」とだけ返ってきました。



 小麦粉・砂糖・卵を水で溶いた生地にあんこなどを入れて、丸い金属の型で焼き上げた和菓子――地域や人によって「今川焼き」「大判焼き」「回転焼き」「二重焼き」「おやき」「あじまん」「御座候」「蜂楽饅頭」などと呼ばれ、最近は主にネット上で「パンセポンセ」「ベイクドモチョチョ」といった名称もみられるようになってきたところに、突然の新勢力「アンコリーノ」です。



 なお、質問したbironistさんがすぐにGoogleで検索したところ、なんとヒット件数は0件だったそうで、AIが恐らくオリジナルワードを生成したようです。マジか……。ちなみに編集部でも試してみたところ、全く別の結果となりました。



 ネットでは「歴史が変わる瞬間を見させて頂きました」「(これから)アンコリーノと呼びます」「これに統一しよう」「これで世界が平和になるな」といった声から、「更なる火種が加わる」「混沌とする戦場に、また新たな参入者が…」と争いの激化を予想する声までさまざま。なかには「中身がクリームの場合は…!?」と餡が違う場合の名称が気になる人の声もみられ、「クリーミーノ」や「ノンアンコリーノ」なるワードも登場しています。どんどん増えていくカオス。



 投稿主のbironistさんは、ソーシャルVRサービス「VRChat」のゲームワールド「ネーマブル 名目必称義務令」を開発・公開中。お題に応じて新たなモノの名前を考えて出題し合う“名付け言葉遊びゲーム”で、なかには「小麦粉の生地であんこを包んで焼いたお菓子」というお題もあり、今後“アンコリーノ”が活躍しそうです。同ゲーム含むさまざまなブラウザゲーム・ツール等の作品は、bironistさんのTwitterやブログで公開されています。


このニュースに関するつぶやき

  • 回転焼きと御座候は同じだけど、回転焼きの中に御座候がある!という認識。 で、アンコリーノってなんやねんw
    • イイネ!29
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(118件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定