フェラーリF1のルクレール、2022年の敗因を「タイヤマネジメント、戦略、信頼性に問題があった」と説明

1

2022年12月07日 07:40  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

序盤戦の好調を維持できなかったルクレール
 2022年、シャルル・ルクレールとフェラーリF1は、力強いシーズンスタートを切った。序盤3戦のうち2戦で優勝し、第3戦オーストラリアGP終了時点では、タイトル争いで大きくリード。ルクレールは71ポイントを稼ぎ、2位につけたメルセデスのジョージ・ラッセル(37ポイント)のほぼ2倍のポイントを獲得していた。

 しかしその7カ月後、アブダビでシーズンが終了した時のルクレールは、世界チャンピオンとなったマックス・フェルスタッペンに146ポイントの大差をつけられていた。

 当然のことながら「何がうまくいかなかったのか?」という疑問がつきまとう。これについてルクレールは、「3つの要素がある」と説明した。

「(その3つに)順位をつけるのは難しいけれど、まず挙げるのは信頼性だ。シーズンのある時点で信頼性に問題があり、そのため後になってペナルティなどで代償を払うことになった」

「それから戦略だ。シーズンのある時期に度重なるミスがあった。さらに、タイヤマネジメントだね。一貫性が十分ではなく、時にはとてもまずいレースもあった。常にうまくタイヤをマネジメントする方法を、僕たちはまだ理解していないようだ」

「だから今の時点で僕たちが焦点を当てているのは、これら3つの重要な要素だ。終盤の数戦では戦略は確実に進歩したと感じた。シーズン序盤のようなペースがなかったので、それを証明するのは難しかったが、コミュニケーションの取り方や決断の下し方には改善があった」

「タイヤ、戦略、そしてもちろん信頼性、この3点に、僕たちは集中していく」

 信頼性、タイヤマネジメント、戦略はどれも主にチーム側に責任があることだが、ルクレールは自分自身もミスを犯したことを認めている。ただ、自分に特定の弱点があるとは思わないとも示唆した。

「(決勝でクラッシュした)フランスのように、プッシュしすぎないようにできたはずの場面が何度かある」

「F1での最初の数年は、特に集中していた分野が常にあった。それが自分の弱みであると分かっていたからだ。今ではずいぶん長くF1にいるので、さらに細部を把握して、できる限り多くの場面で100%の力を発揮することが重要だ」

「そういうわけで、来年は100%の力を出すことに集中する。そして、100%の状態にある時には、自分は常にとても優れた仕事ができると信じているんだ」

このニュースに関するつぶやき

  • 「ピノキオが悪いんだよ、ピノキオがぁ。クビになったが跳ね馬に迷惑かけないよう、移籍せずにそのまま死んどけや。」って本音ですかルルル坊ちゃん。
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定