奈緒&堤真一、『ファーストペンギン!』クランクアップ 共演者からのサプライズに奈緒大号泣

1

2022年12月07日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

ドラマ『ファーストペンギン!』主人公・岩崎和佳を演じた奈緒 (C)日本テレビ
 本日12月7日最終回を迎える奈緒主演のドラマ『ファーストペンギン!』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の撮影が、この度クランクアップを迎えた。共演者からまさかのサプライズに奈緒は大号泣。堤真一は晴れやかな笑顔で思いを語った。

【写真】笑顔でクランクアップを迎えた堤真一

 本作は、縁もゆかりもない“漁業の世界”に飛び込んだシングルマザーと、彼女と共に改革の荒波にこぎ出した漁師たちの“奇跡の実話”をモデルに、森下佳子のオリジナル脚本で紡ぐリアル・サクセスストーリー。

 最終回を目前に控えた某日、主人公・岩崎和佳を演じた奈緒がクランクアップ。最後の撮影は、とある飲食店で、和佳が一人食事をしているシーン。スタッフからの「オールアップです!」の声と共に拍手が起こると、その場で主題歌「ミチヲユケ」が流れ出し、ついに撮影が終了。

 さらに、当日撮影予定のなかった堤真一、梶原善らさんし船団丸の面々が、奈緒のクランクアップを見届けるために、朝からロケ現場に駆けつけるサプライズも。堤や梶原から、「奈緒ちゃ〜ん!お疲れ様!」と笑顔で声をかけられ、花束やプレゼントが手渡されると、まさかのサプライズに、奈緒は思わず涙。「皆さん、お疲れ様でした…!」と声を振り絞るも、感極まって号泣。

 「色んな方の想いが詰まった素敵なドラマで、この役をいただけたのは、とても幸せなことだと思っています」と力強く語った奈緒は、あふれ出す思いをかみしめながら、「『今日、大丈夫かな?このシーンできるかな?』と不安に思うことがあっても、現場に行けば、温かい共演者・スタッフの皆さんがいて、皆さんがいるからこそ、全てのシーンを無事に撮り切ることができました。座長として頼りない部分もあったと思いますが、共演者の先輩方が支えてくださって、“見たことのない景色”を、皆さんのおかげで見ることができました」と感謝の言葉を述べた。

 そして、さんし船団丸の船団長・片岡洋を演じた堤真一は、汐ヶ崎漁港で“ある人物”と再会するシーンでクランクアップ。撮影を終えた堤は「とても雰囲気が良い現場で、スタッフや役者たちと仲良く、楽しく撮影ができたと思っています」とコメント。前日には、堤を除くさんし船団丸の面々が既にクランクアップしており、「今日はうるさいの(梶原善)がおらんから静かやなぁ…」とぽつりとつぶやいていた堤。しかしその直後、梶原が撮影現場にサプライズで姿を現すと、満面の笑顔に。和気あいあいとした雰囲気に包まれながら、全ての撮影を終えた。

 水曜ドラマ『ファーストペンギン!』第10話(最終回)は、日本テレビ系にて12月7日22時放送。

 ※奈緒、堤真一のコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■奈緒(岩崎和佳役)

皆さん、お疲れ様でした。このドラマのお話をいただいた時、「本当に私でいいのかな?」という気持ちもありましたが、原作者の坪内知佳さんにお会いして、色んな方の想いが詰まった素敵なドラマで、この役をいただけたのはとても幸せなことだと思っています。時々、「今日、大丈夫かな?このシーンできるかな?」と不安に思うことがあっても、現場に行けば、温かい共演者・スタッフの皆さんがいて、皆さんがいるからこそ、全てのシーンを無事に撮り切ることができました。座長として頼りない部分もあったと思いますが、共演者の先輩方が支えてくださって、“見たことのない景色”を、皆さんのおかげで見ることができました。SNSなどを通して、視聴者の方からも多くの感想をいただいて、その中には、「今までやりたいことがなかったけど、『ファーストペンギン!』を見て、水産のお仕事に興味を持ちました」というメッセージもあったり、漁師さんからも沢山の感想をいただきました。「ドラマを作るって、本当にすごいな…」と思いましたし、ドラマを作っている皆さんのことを、私は心から尊敬しています。また皆さんとお仕事ができるように、これからももっともっと精進したいと思います。本当にありがとうございました。

■堤真一(片岡洋役)

とても雰囲気が良い現場で、スタッフや役者たちと仲良く、楽しく撮影ができたと思っています。それは何よりも、奈緒ちゃんの頑張りのおかげだと思います。終わるのが寂しいような、嬉しいような…。でも、しばらくはこの現場(漁港)に来なくてもいいかな?と思っています(笑)。それと、現場の雰囲気を良くしてくれた梶原善にも感謝しております!ありがとうございました。

このニュースに関するつぶやき

  • 実話に基づいたせっかくの話なんだから、もう少し丁寧な作り方を出来たら良かったと思うんだけど、それをするには時間が足りなかったんだろうね。そこが残念かな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定