定本楓馬、小西詠斗、谷口賢志『REAL⇔FAKE Final Stage』追加キャストに決定

0

2022年12月07日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

『REAL⇔FAKE Final Stage』に出演する(左から)定本楓馬、小西詠斗、谷口賢志 (C)「REAL⇔FAKE」製作委員会・MBS
 舞台で活躍中の俳優陣が共演するオリジナルドラマ・シリーズ最終章『REAL⇔FAKE Final Stage』(MBS・TBSドラマイズム枠/2023年1月10日より放送)。この度、追加キャストとして定本楓馬、小西詠斗、谷口賢志の出演が決定。併せて、3人のコメントが到着した。

【写真】深水舞人(ふかみ・まいと)役を演じる定本楓馬

 ドラマ「REAL⇔FAKE」シリーズは、2019年9月から放送がスタート。天使の歌声をもつトップアーティスト・朱音が突然失踪するところから物語がスタートし、ミステリー要素とともに舞台俳優トップスターたちの共演と個性あふれるやり取りが楽しめる新感覚のドラマとして話題を集めた。昨年6月にはシリーズ2作目の『REAL⇔FAKE 2nd Stage』が放送され、今作『REAL⇔FAKE Final Stage』で、ついにシリーズの最終章を迎える。

 舞台となるのは、山奥の洋館。クイーンレコード・朱音社長(蒼井翔太)のもとで活動する“Stellar CROWNS(ステラクラウンズ)”と、ディレクターの守屋(染谷俊之)が慰安旅行に訪れていた。夜になり、彼らはチームに分かれて肝試しをするが、そこで“とある事件”が起き…。

 新キャストとして、ディレクターの守屋の下で、アシスタントディレクターとしてStellar CROWNSの撮影を手伝うことになった深水舞人役に定本楓馬、Stellar CROWNSが滞在する洋館のオーナー・菅原陽翔役に小西詠斗、貸し切りのはずの洋館に急遽やってきた男・多田圭一役に谷口賢志が決定。

 定本は「撮影は和気あいあいとした雰囲気がありながらも、ロケということで集中した撮影期間を過ごさせていただきました。」とコメント。続けて、「ファイナルにふさわしい作品を皆様とお届け出来たらうれしいです。最後まで見届けてください。来年の放送をお楽しみに!」と視聴者へメッセージを寄せた。

 小西も「ファイナルステージに出演させていただけること、とても嬉しく思います!」としたうえで、役について「自分自身、あまり演じたことがない役柄で挑戦でしたが、先輩方に食らいついていくぞ!の気持ちで撮影に臨みました。菅原がどう関わってくるのか、そして物語の中で何がリアルでフェイクなのかを楽しみながら見ていただけると嬉しいです」とアピール。

 谷口は今回の撮影について、「美しい風景の中、刺激的な役と共に過ごした日々は、演じることを心の底から楽しませてくれました。同時に、待ち望んでいた出会いと、満を持した再会は、創ることの喜びをあらためて感じさせてくれました」と告白。最後に、「キャスト、スタッフ、そして皆様が築き上げてきたリアフェのファイナルステージを、彩ることができていたら幸せです」と締めくくった。

 ドラマ『REAL⇔FAKE Final Stage』は、MBSにて1月10日より毎週火曜24時59分、TBSにて同日毎週火曜25時28分放送。
    ニュース設定