広瀬すず×永瀬廉『夕暮れに、手をつなぐ』追加キャストに松本若菜、伊原六花、内田理央、櫻井海音ら

0

2022年12月07日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』追加キャスト陣
 俳優の広瀬すずが主演を務め、King & Princeの永瀬廉が共演する2023年1月スタートのドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』(TBS系/毎週火曜22時)の追加キャストとして、松本若菜、田辺桃子、伊原六花、内田理央、櫻井海音、茅島成美、酒向芳、夏木マリの出演が発表された。

【写真】広瀬すず×キンプリ永瀬廉、北川悦吏子脚本の青春ラブストーリー『夕暮れに、手をつなぐ』で初共演!

 本作は、九州の片田舎で育った浅葱空豆(広瀬)が、幼なじみの婚約者を追って上京した先で、音楽家を目指す青年・海野音(永瀬)と運命的で衝撃的な出会いを果たすことから始まる物語。北川悦吏子が『オレンジデイズ』以来19年ぶりに、完全オリジナル脚本で“青春ラブストーリー”を手がける。

 夏木マリが演じるのは、空豆と音が暮らすこととなる下宿先「雪平邸」の主・雪平響子。元画家で資産家の響子は、若者の夢を応援したいという思いのもと自身が暮らす古民家に音を下宿させている。見ず知らずの空豆のことも拾い上げる豪快な人物だ。夏木は今作が広瀬と連続ドラマ初共演となる。

 松本若菜が演じるのは、音が所属する大手レコード会社「ユニバースレコード」の担当A&R(※アーティストの発掘から育成、戦略を担う)・磯部真紀子。パソコンで楽曲を制作するコンポーザーとしてメジャーデビューを目指すもなかなか芽が出ない音に対し、その才能を評価し、時に厳しく、愛情を持って寄り添う。

 田辺桃子は、音がアルバイトをするカフェで出会う謎めいた美女・菅野セイラを演じる。デビューを目指す音、そして後にデザイナーを目指す空豆にも影響を与える物語のキーパーソンだ。

 伊原六花が演じるのは、空豆が上京して初めてアルバイトをする蕎麦店「大野屋」の店員・丹沢千春。空豆に店の仕事と都会のイロハを教える中で、唯一無二の友情を育み、空豆の一番の理解者となっていく。

 内田理央は、「ユニバースレコード」の所属アーティスト・アリエルを演じる。「ズビダバ」というユニットでヒット曲を連発するセクシー路線のボーカリストだ。

 櫻井海音が演じるのは、空豆の幼なじみで婚約者・矢野翔太。周囲から浮きがちだった空豆を幼少期から隣で支えてきた。爽やかな青年で頭脳明晰(めいせき)、地元の大学を卒業後上京し、自ら興した会社の社長を務めている。空豆との結婚を目前に控えているが…。

 茅島成美は、空豆の祖母・浅葱たまえを演じる。空豆と翔太の婚約を心から喜んでいて、空豆のウエディングドレス姿を見ることを楽しみにしている。

 酒向芳が演じるのは、空豆と音の下宿先「雪平邸」の近所にあるそば店「大野屋」の店主であり、千春の父・丹沢博。幼なじみの響子に顎で使われているが、そんな扱いにも嫌な顔をしないおおらかな人物。響子に言われて空豆をアルバイトとして雇い入れる。

 火曜ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』は、TBS系にて2023年1月より毎週火曜22時放送。
    ニュース設定