W杯を4回経験した長友佑都、日本サッカーは「成長している」…自身のキャリアについては「少し休んで考える」とも

21

2022年12月07日 13:20  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

長友佑都。W杯通算15試合出場は日本最多に [写真]=Getty Images
 日本代表の長友佑都(FC東京)が6日、メディア対応を行った。

 前日、日本代表はFIFAワールドカップカタール2022の決勝トーナメント1回戦で、クロアチア代表とPK戦にまでもつれる死闘を繰り広げた。まずは、この試合の心境について、以下のようにコメントしている。

「本当に素晴らしいチームで、ここで終わるのは寂しい気持ち。負けは受け入れないといけないが、PKなので。PKは別競技だと思っている。それまでドイツやスペインという優勝候補を破って、クロアチアに対しても互角に戦えた。ぼくは2大会連続でベスト16にて敗れていますが、日本サッカーが成長していると感じた。これまでW杯で優勝候補を破ったことはなかったし、それが1回でなく2回。しっかり勝って結果を残したと思っている」

 また、ドイツとスペインに勝利したが、コスタリカとクロアチアに勝利出来なかった面について質問が飛ぶと、「そこが日本サッカーのこれからの大きな課題。カウンターからの攻撃のベースは出来ていたと思う。今後は、トップを目指す上でどう構築していくか。アタッキグサードのところをね。相手が引くとなかなか崩せないのは課題にはありますが、そこに関してはなかなか答えが見いだせないというか、難しさを感じる」と答えた。

 そして、今後のキャリアについても言及した。

「この4年間は、W杯のことを考えてきたので、少し休みたい。ちょっと、1回休んでね。興奮している状態で決断するのは良くない。冷静になったときに今後、どうするかを考えていきたい。でも、一瞬ですよね、この4年間の苦労が一瞬で終わってしまうのかと。なかなか、はかないですよ。まるで桜の木のようですよ、耐えしのんで、輝く時間は一瞬だけど、そのために夢見て、苦しいことを乗り越えてね。サッカー選手は桜の木みたいだなと思う。

(FC東京との契約について問われ、)それも含めて、全てまずはゆっくり休んで考えたい」

 長友は、4大会連続でW杯に出場。同大会での通算出場数「15」は、日本サッカー史上最多となっている。

このニュースに関するつぶやき

  • 考えるもなにも、選ばれないっちゅ〜の! オメェはオチョアでもクリロナでもメッシでもない、凡人なんだよタコ! 勘違いすんなっちゅ〜の!
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定