板野友美らと親交の柏木ひとみさん、乳がん再発で38歳逝去 生前最後の投稿で検査結果に「かなり厳しい状況」「本当に無治療に」

5

2022年12月07日 13:22  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

逝去が報告(画像は野上ゆう子 公式Instagramから)

 モデルの舟山久美子さんの結婚式プロデュースを行った、フラワーデザイナーの“カッシー”こと柏木ひとみさんが11月30日に38歳で逝去。ウエディングデザイナーの野上ゆう子さんが12月6日にInstagramで明かしました。



【画像】生前の柏木さん



 元「AKB48」板野友美さんやモデルのpecoさんなど多くの芸能人と親交があった柏木さんは、2019年2月に乳がんの診断を受け、辛い治療を乗り越えるも2021年3月に再発。ステージ4かつ肺や肝臓に転移している状態だと明かしつつ、同年の10月30日には俳優・原田知世さんがナレータを務めるドキュメンタリー番組「生きるを伝える」(テレビ東京系)で、がんになった心境や、デザイナーとしての前向きな思いを語っていました。



 柏木さんとともに結婚式のプロデュースを行っていた野上さん。闘病の果ての逝去報告をしなければならないことに「本当に残念でなりません」と悲痛な思いを明かし、「未だご家族も私たちも悲しみの渦中におりますが、カッシーがメソメソしてないでパッションしっかり持って生きろ!! ってきっと笑って怒ると思うので乗り越えていきたいと思います」と最期まで前向きな姿をみせていた柏木さんをしのんでいました。



 柏木さんの最後のInstagram投稿は11月21日。「11月4日」の日付が付された病院の先生との2ショットに添えて、「駅から病院までの3分の距離が急に歩けなくなった」と容態悪化を報告。



 「数値的に上がり過ぎているのでかなり厳しい状況」「余命宣告を受け、現実受け止めるしかなかった日」と検査結果も衝撃的だったことを明かした上で、入院を拒否して自宅緩和ケアを選択したとコメント。「本当に無治療になってしまった日」と衝撃を語る一方で、「でも私は逃げない」「そんなことより今を思う存分生きるしかない!!」と前向きな言葉をつづっていました。



 柏木さんの回復を祈ってきたpecoさんは12月6日にInstagramのストーリーズを更新し、故人への尽きせぬ思いを連投。



 最後のお別れを済ませて無気力状態に陥ったといい、「もうぜんぜん何もする気になれないほど、心にぽっかり穴が開くってこんな感じかと」「こんなのどうやって乗り越えたらいいの? って本気で思う」と喪失の苦しみを切々とつづりながら、“亡くなった人を思い出すと、その人の周りにお花が降る”という逸話を紹介。「かっしーさんの周りにお花が降るなら、どれだけ泣いたってひたすらかっしーさんを想うよ!」と強い思慕の念をぶつけていました。


このニュースに関するつぶやき

  • まずは検診に
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定