吉沢亮、映画『ファミリア』婚約者への愛情あふれる場面写真公開

0

2022年12月07日 15:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

映画『ファミリア』(2023年1月6日公開) (C)2022「ファミリア」製作委員会
 俳優の役所広司と吉沢亮が初共演する、成島出監督最新作『ファミリア』(2023年1月6日公開)より、吉沢演じる神谷学の場面写真が新たに4点公開された。

【画像】等身大の青年を自然体で演じる吉沢亮

 本作は、陶器職人の誠治(役所)と、海外で活躍する誠治の息子・学、そして誠治が知り合う在日ブラジル人青年マルコス。リアルな今を生きる3人の関係を軸に、独自の視野から”家族”という普遍的なテーマに挑んだヒューマン・ドラマ。

 今回、一流企業のプラントエンジニアとしてアルジェリアに赴任中の学を演じた吉沢は、映画では、『銀魂』(17年、18年)、『キングダム』(19年、22年)、『東京リベンジャーズ』(21年、23年)等、漫画原作の個性的なキャラクターを演じているイメージもあるが、本作の学役は自然体で演じ切った等身大の姿が新鮮でもあり、新たな魅力を感じさせる。

 公開されたシーンは、穏やかな笑顔でナディアをギュッと抱きしめるショットや、しっかりと手をつなぎながらナディアの言葉に振り向く姿、何やらうれしそうな表情でナディアにバックハグをしたり、写真をみながら仲睦まじく微笑む2人のカットも。国籍や育った環境が全く異なる2人が、家族となる日を待ち望み、希望に満ちあふれた様子が伝わってくる。

 本作のテーマである”家族”について吉沢は、「家族にはいろんな形があると思います。“帰る場所”であり、そこに受け入れてくれる人たちがいるという安心感みたいなものが、“家族”なのかなと漠然とですがそう感じます」と話す。「みんなでモチベーションを高めながらどうにか完成した作品です。家族の愛、それを失った人の悲しい部分などいろいろ描かれていますが、最後はやっぱり家族っていいなと思ってもらえる作品になっています」と、本作の見どころについてコメント。

 成島監督は吉沢を起用した理由について、「彼の出演作を何本か観て、透明感があり良いなと思っていました。学は本当に普通の青年で、捉えようのないところが彼にぴったりだと感じました」と明かしている。
    ニュース設定