ウエンツ瑛士が海宝直人に“嫉妬”? ミュージカル『太平洋序曲』決起集会

0

2022年12月07日 15:02  チケットぴあ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

チケットぴあ

撮影:五月女菜穂
近代日本の夜明けを描いたミュージカル『太平洋序曲』が2023年3月8日(水)から日生劇場、4月8日(土)から梅田芸術劇場メインホールで開幕する。2022年12月6日(火)、都内で製作発表ならぬ“決起集会”が開催され、出演する狂言回し役の山本耕史・松下優也、香山弥左衛門役の海宝直人・廣瀬友祐、ジョン万次郎役のウエンツ瑛士・立石俊樹が登壇した。

山本耕史は「名前があって、担う役割が狂言回しということはあれど、今回は役自体が『狂言回し』という役。狂言回しとして皆さんが見るだろうし、だからこそそれを逆手にとって、面白く裏切る瞬間がありそうな気もする」と役どころについて話し、「僕もこれだけの大作舞台出演は久しぶり。初心にかえった気持ちで頑張りたい」と意気込んだ。

松下優也は「きっと出ているシーンがすごく長くて、セリフ量もとてつもなく多い役」と気を引き締めつつ、「見る方や演じる人によっていろいろな解釈ができるお話。組み固定でないWキャストなので、いろいろな方とお芝居ができることを楽しみながら、稽古に励みたい」。廣瀬友祐は「素晴らしい俳優の方々とご一緒できることを本当に誇りに思っている。役割をしっかり果たせるように一生懸命頑張りたい」と述べていた。

本作の作詞・作曲はスティーヴン・ソンドハイム、脚本はジョン・ワイドマン。今回は、梅田芸術劇場と英国メニエール・チョコレート・ファクトリー劇場の共同制作となる。海宝直人は「海外のクリエイターチームと日本人キャストが共に作ることに、ものすごく大きな意味を感じている」と話し、立石俊樹も「素敵な俳優さんたち、そして日英合作で作り上げるということで、とても刺激的な毎日になりそう。体当たりでぶつかっていきたい」と期待を寄せていた。

この日、初めて6人が顔を合わせたこともあり、会見ではざっくばらんに話題が展開。共演経験の話題では、ウエンツ瑛士が小学4年生の頃、劇団四季の『美女と野獣』で、小学1年生だった海宝と同じ役を演じていたエピソードを披露。ウエンツは「子どもながらに『偉い人が来る』日のキャストは海宝くんだったことを覚えている。まさか小4で“嫉妬”という気持ちを覚えるとは」と笑い「今回の共演は、本当に嬉しいし、楽しみ」と語っていた。

東京公演は2023年3月8日(水)〜29日(水)日生劇場、大阪公演は2023年4月8日(土)〜16日(日)梅田芸術劇場メインホール。

取材・文:五月女菜穂

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定