マツコ・デラックス、建築家・丹下健三への愛を熱弁 東京カテドラル聖マリア大聖堂を訪問

0

2022年12月07日 15:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

「Casa BRUTUS」2023年1月号 東京カテドラル聖マリア大聖堂の大空間に立つマツコ・デラックス  撮影:矢吹健巳(W)(C)マガジンハウス
 タレントのマツコ・デラックスが、12月8日発売の雑誌「Casa BRUTUS(カーサ ブルータス)」2023年1月号(マガジンハウス)に登場。丹下健三が設計した「東京カテドラル聖マリア大聖堂」を訪れ、丹下建築への偏愛を語った。

【写真】表紙には櫻井翔が登場

 日本が世界に誇る建築家・丹下健三への愛情と持論をたびたび語っていたマツコ。日本の美しい教会を建築の視点から100選した特集では、数ある丹下建築の中でも特別な思いを抱く「東京カテドラル聖マリア大聖堂」を訪れ、丹下健三を父に持つ建築家・丹下憲孝と対談。

 「東京カテドラル聖マリア大聖堂」は丹下健三の名作「国立代々木競技場」と同じく、1964年に建てられた教会。聖堂の最頂部は高さ約40mに及ぶ圧巻の大空間と、上空から見ると建物全体で十字架の形を描くという特徴的な形状を持つ建築だ。

 「そもそも建築に関心を持ったきっかけが日常的に見ていた代々木競技場なんです」と語るマツコ。丹下と出会った経緯について「私が若い頃はインターネットもないし、いきなり東京カテドラルには辿り着けなかった。代々木競技場を調べて丹下さんを知り、あれもこれも設計した建築家だと知ったんです」と明かす。

 そして、東京カテドラルとの出会いを振り返り、「代々木競技場はもちろん感動したけど、街を歩いていたら目にするわけだから受け身のようなものでしたが、東京カテドラルは能動的に探し当てた感動がありました。江戸川橋駅で降りて急な坂を上って、ジャングルの奥地から遺跡を発見したような感じでしたね」とコメント。

 最後に「私は代々木競技場と東京カテドラルをそっくりそのまま作って、それを眺める家に住むのが夢。日本の現代建築で、群を抜いて好きなのがこの2つですから」と語り、丹下建築への偏愛ぶりを披露した。

 マツコ・デラックスが登場する「Casa BRUTUS」2023年1月号は、マガジンハウスより12月8日発売。
    ニュース設定