Microsoft、任天堂に「コール オブ デューティ」を10年間提供 Xboxトップが契約締結を報告

8

2022年12月07日 17:02  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真

 米Microsoftは12月6日(現地時間)、米Activision Blizzardの買収後も10年間は人気ゲーム「コール オブ デューティ」を任天堂のプラットフォームに提供し続けると発表した。併せて米ValveのPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」にも提供し続ける方針を示している。



【その他の画像】



 MicrosoftでXbox事業を統括するフィル・スペンサー氏がTwitterで明らかにした。コール オブ デューティは2003年から提供の続くFPS(1人称視点でのシューティングゲーム)シリーズ。22年10月に発売した「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアII」は、リリースから10日で世界累計売上が10億ドルを超えるなど、人気のゲームとして知られている。開発元は作品ごとに異なるが、提供はActivision Blizzardが手掛けている。



 同シリーズを巡っては、MicrosoftのActivision Blizzard買収に当たって、プレイできるゲーム機・プラットフォームが制限されるのではないかと、ファン間で不安の声が出ていた。11月に独占禁止法関連の調査を始めた欧州委員会も、Microsoftが競合によるコール オブ デューティなどへのアクセスを制限する可能性があると指摘。健全な競争への悪影響を懸念していた。



 一方で、Microsoftは1月の時点で、買収後もコール オブ デューティはソニーのPlayStationなどで引き続きプレイできると説明している。今回の契約についても、フィル・スペンサー氏は「Microsoftは、より多くのゲームをより多くの人々に提供することに尽力している」と強調した。


このニュースに関するつぶやき

  • いつものストリーミング配信だろうけど、まともに動くようにすると他とのバランス取れなさそうだな。 知らんけど。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

オススメゲーム

ニュース設定