10年間で最も多く選ばれた“武器になる資格”は?

495

2022年12月07日 18:10  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真
通信教育を手掛けるユーキャンは12月7日、毎年恒例となった、学びや資格取得に関する意識調査の結果を発表した。“武器になる資格”を聞くこの調査は今年で10年を迎えたが、この10年間で最も多く選ばれた資格は「ファイナンシャルプランナー(FP)」となった。

その他の大きな画像はこちら



この調査は20代〜60代の男女402名を対象に行われたもの。2023年に取っておくと「武器になりそうな資格」で1位に選ばれたのは「ファイナンシャルプランナー(FP)」だったが、この10年間で最も多く“武器になる資格”に選ばれたのもまた「ファイナンシャルプランナー(FP)」で、10年間で1位が6回、2位が4回という結果になった。ほかにも「TOEIC(R)テスト」も不動の人気で、「地域・場所に限らずこれから更に国際共通語の英語は必須(68歳男性)」「仕事に困らないイメージ(40歳女性)」という理由で、10年間ランクインし続けている。

また、2014〜2018年では、「ケアマネジャー」や「医療事務」「社会保険労務士」がランクインしていた一方で、2019年からは「MOS」「ITパスポート」「情報処理技術者」などのWeb・IT資格が選ばれている。選んだ人のコメントとしては「DXの推進の動きがあるから(28歳男性)」「IT関連職業が多くなっていくから(25歳男性)」と、AIの発達やweb3の時代に即した資格が目立つようになった。

さらに10年後に武器になりそうな資格についてたずねると、1位が「ケアマネジャー」(14.4%)、2位「ファイナンシャルプランナー(FP)」(13.7%)、3位「社会福祉士」(12.9%)という結果に。そのほかにも「介護福祉士」(12.7%)、「メンタルヘルス・マネジメント(R)検定」(10.4%)もランクインした。

1位は、10年前に“武器になる資格”に選ばれていた「ケアマネジャー」。また3位に「社会福祉士」がランクインし、進行する超高齢社会に関連した資格の必要性を感じている人が多そうだ。また、予測不可能な社会でのメンタル面を懸念してか「メンタルヘルス・マネジメント(R)検定」にも注目が集まっている。

2014年〜2023年の“武器になる資格”でも1位か2位にランクインしていた「ファイナンシャルプランナー(FP)」は、10年後の“武器になる資格”予想でも2位を獲得。回答した人からは「年金問題、物価の高騰、低金利政策などで現在でも将来に備えての資産運用が注目されており、今後もそれなりにファイナンシャルプランナー(FP)の需要はありそうだから。(61歳男性)」などと、高齢化への対策と同時に金銭的な不安に向き合っていく姿も垣間見えた。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20221276272.html


このニュースに関するつぶやき

  • [捗董Χ気銃所持許可証 危険物取扱者免許 L疑郵匐機(ドローン)操縦士資格(’22/12〜国家資格)
    • イイネ!82
    • コメント 10件

つぶやき一覧へ(300件)

前日のランキングへ

ニュース設定