當真あみ&北村匠海、叶えたい願いをのせてランタンを空へ 『かがみの孤城』イベント登場

0

2022年12月07日 19:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

映画『かがみの孤城』学校プレミアイベントの様子 (C)2022「かがみの孤城」製作委員会
 アニメ映画『かがみの孤城』の公開を前に、本作の登場人物と同世代の生徒たちに本編を初披露する「『願い』を空へ!学校プレミアイベント」が、12月5日、東京・大田区の大森学園高校で開かれ、声優を務めた當真あみ、北村匠海と原恵一監督が登壇した。

【写真】『かがみの孤城』イベントに登場した當真あみ

 直木賞作家・辻村深月による2018年本屋大賞受賞、累計発行部数170万部突破のベストセラー小説を劇場アニメ化する本作は、青春期独特の繊細な感情や感性をリアルに描くファンタジーミステリー。

 校舎内のイベントホールで行われた本編の上映では、ハンカチを片手に大粒の涙を流しながら鑑賞する生徒が続出。本編終了後、映画の余韻が残る中、事前にキャスト・スタッフが登壇することのみ知らされていた250人の生徒たちは、當真、北村、原監督の登場に驚きを隠せず大興奮。

  ある日突然鏡の世界へ招かれる主人公こころの声を演じた當真は、250人もの学生を前に緊張しながらも、「今日初めて映画をお披露目できて、実は私も昨日完成版を初めて観たのですが、誰かに共有したい、早く観て欲しいと思ったので、こんなたくさんの方に観て頂けて本当に嬉しいです」とあいさつ。また、「皆さん高校生で、私も高校1年生なんですけど」と明かすと、会場は驚きつつも當真と同世代であることに歓喜の声が上がっていた。

 こころが鏡の世界で出会う、サッカーが得意で誰にでもフラットに接するさわやかな少年リオンの声を演じた北村は「暖かいですねここ。ここは体育館?」と質問すると「イベントホールです」と北村の問いかけに生徒が答え、「こんな場所は自分の学校にはなかった」と言いながら、初めて見た学生にお礼を述べた。

 さらに「今回演じた役は、実年齢から10歳離れてるので、実際の学生を前にすると、歳食ったなと思う」と語り、「25歳になると階段がきつくなり、朝が弱くなる。高校生時のあだ名は“じじい”で、その時から予兆があったけど、おじいになる」と漏らすと原監督は「僕は63歳で北村さんより、日々衰えを感じています」と応戦。「こんな“じじい“でもこんな映画を作れる」と学生に向けて未来を語り、「映画の登場人物と同じ世代の皆さんに観て頂きましたが、喜んでもらえたかな?」との問いに、鑑賞後の生徒たちは大きな拍手で応えた。

 映画を見た生徒からは、「学生独自の悩みが、自分達と重なる部分もあり学ぶことができた」「素晴らしい映画で泣いた」と感想が上がった。その後、複数の生徒から直接質問をもらい、當真、北村、原監督が回答。

 「学生時代の思い出や努力したことを教えて欲しい」という質問には、自身も高校に通う現在16歳の當真は「学校行事を全部楽しみたい。文化祭でクラスのみんなと出店をやることに憧れる」とこの先の学園生活への展望を明かし、北村は「文化祭は、買い出しに行くなど、クラスの為に頑張るのが好きでした。大人になると学生時代の友達と会わなくなるので、勉強以外のもっと楽しい学校行事を大事にすれば良かったな」と明かした。また、原監督は「学生時代は彼女が欲しかった。告白する勇気もなくモテなかった。彼女がいるやつが羨ましかったので、そういう悔しい気持ちを映画作りに向けたかな」と答えた。

 「大きな壁にぶつかったとき、どうやって乗り越えてきましたか?」という質問には、北村は「真面目だな」とツッコミ、「自分は流れに身を任せるタイプで、必ずしも乗り換えることが全てではないと思っていて、その壁も楽しんだらいい」と自身の経験を重ねてアドバイスを贈った。また、ある生徒は「この作品にどのような心境で臨みましたか?」と質問。當真は「原作を読んでいたので、こころちゃんを演じられるのが本当に嬉しくて、その嬉しい気持ちのまま臨むことができました」と答え、北村は「自分たちは1日〜2日でアフレコを終えてしまうが、監督など制作陣はこの作品が出来上がるまでに僕らがこの作品と過ごした何百倍もの時間を費やすので、その重みを胸に受け止め、アフレコに臨みました」と明かした。

 北村はまた、「学生時代から芸能のお仕事をしていたので、学校という社会で孤独を感じてた」と自身が演じたリオンと重なる部分もあったと明かし、その流れで「中学時代はバスケ部だった」と答えると、質問した生徒もバスケ部で同じポジションということで意気投合し、「今度一緒にバスケしよう」と約束する場面も。

 さらに、本作の「ひとつだけ『願い』を叶える」という内容にちなみ、生徒たち自身の「願い」を事前に提出してもらい、當真と北村から気になった願いを紹介。「人の心を読めるようになりたい」という願いに當真は「仲良くなりたいとき、この力があれば便利だなと共感しました」と回答。「自分の良いところを見つけたい」という願いに興味を持った北村は、該当の生徒に、「まず声がいい」と即座にその学生の良い部分を伝え、「自分の良いところは見つけづらいから、例えば友達に言われた良いことは鵜呑みにするといいよ」とエールを贈った。

 そして、當真がひとつだけこの場でかなえる願いをサプライズで発表。「原作を読んだことがないので、原作本が欲しい!」という生徒の願いに、當真、北村、原監督、辻村深月のサインが入った世界で1冊しかない『かがみの孤城』原作本を手渡しでプレゼントすると、会場からうらやましいとばかりに大きな拍手が送られた。

 最後に監督は「学生の時間は人生の中ではほんの短い時間にすぎないので、悩みもあるかもしれないけどあまり悩みすぎず、好きなことを見つけてください」と人生の大先輩としてエールを贈り、北村は「みんなそれぞれ悩みはあるし、違った境遇にいると思うけど、この作品のように、みんなそれぞれの居場所はきっと見つかると思う」と、監督に重ねて思いを伝えた。當真は「今日、この映画を観てくださった皆さんとお会いできて本当に嬉しかったです。この作品が誰かの背中を押してくれるような作品になればいいな」と、最後は映画『かがみの孤城』が誰かの大切な物語になることを”願い”、学校プレミアイベントは幕を閉じた。

 アニメ映画『かがみの孤城』は、12月23日公開。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定