W杯のカタールで日本食が恋しくて“サーモン寿司”を購入 → まさかの“アレ”だったという体験談に「おもろすぎ」「ガチで笑った」

5

2022年12月07日 20:54  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

まさかのマンゴー

 「2022 FIFAワールドカップ」が開催されたカタールで、やっと出会えた日本食がまさかの「マンゴー寿司」だった人が話題となっています。うん、一瞬ならサーモンに見える。



【画像】話題の寿司屋のメニュー



 投稿者は、W杯応援のためカタールへ行った凌【ドロピザ】さん。口に合う食事を見つけられない状況が続いていました。15日目にして、ようやくパック寿司と出会います。



 マグロもサーモンも残り1つだったため、慌ててサーモンを購入しました。ところが、落ち着いてそのパック寿司を見ると、マンゴーだったのです。よほどショックだったのか「ふざけんなよマジで。そんなわけないだろ」とつづっています。その気持ち、分かります……。



 お店のInstagramを見ると、本当に「MANGO MAKI」が存在しています。凌さんに味の感想をうかがったところ、「米とマンゴーです」との回答でした。やはり、日本人にはなじみにくい味覚だと思われます。



 投稿には「おもろすぎ」「ガチで笑った」という声もある一方で、なかには「これ普通に美味しいですよ」と擁護する声も。日本でも「ナポリタン」など独自に発展した料理はあるので、現地では親しまれている味なのかもしれません。



画像提供:凌【ドロピザ】さん


このニュースに関するつぶやき

  • 現地の人はその味が好きなんだろうか・・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定