森崎ウィン、海外で通行人から「SPY×FAMILY!」 舞台ロイド役で反響に驚き「国境を越えた作品」

0

2022年12月08日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

舞台ロイド役での反響に驚いた森崎ウィン (C)ORICON NewS inc.
 人気漫画『SPY×FAMILY』初の舞台化となるミュージカル『SPY×FAMILY』(帝国劇場で2023年3月8日〜29日上演)の制作発表記者会見が7日、都内で行われた。凄腕スパイの主人公ロイド・フォージャー役の森崎ウィンと鈴木拡樹らが出席した。

【動画】日向坂46佐々木がヨルさん!全員でアーニャポーズする記者会見の様子

 出演が決まった時の心境を聞かれた森崎は「お話をいただいた時は驚きました。喜びと驚きが混在していて、純粋に身も心も締まる思いでした」としみじみ。

 自分も原作ファンであり、キャスト発表後の反響については「先日、日本の番組の撮影でイギリスに行った時、イギリスに住んでいる通りすがりのミャンマー人の方に『あれ、ウィンだよね!?』と言われて、その後の第二声が『SPY×FAMILY!』と言うんですよ!それに一番驚きました。国境を越えた作品越」と説明した。

 この日は、殺し屋のヨル・フォージャー役の唯月ふうかと佐々木美玲(日向坂46)、ヨルの弟ユーリ・ブライア役の岡宮来夢と瀧澤翼(円神)、ロイドの後輩スパイのフィオナ・フロスト役の山口乃々華、ロイドに協力する情報屋フランキー・フランクリン役の木内健人、アーニャが入学を目指す名門校の教諭ヘンリー・ヘンダーソン役の鈴木壮麻、ロイドの上官シルヴィア・シャーウッド役の朝夏まなとも出席した。※アーニャ役は後日発表。

 同作は、より良き世界のため日々、諜報任務に取り組む凄腕スパイの主人公・ロイドが、ある任務のために“仮初めの家族”をつくり、ミッションに挑むスパイアクションコメディー。特殊任務(ミッション)のために引き取った子ども・アーニャは超能力の持ち主、契約結婚を持ちかけた妻・ヨルは殺し屋で、「スパイ&超能力者&殺し屋」が互いの秘密を抱えたまま仮初めの家族になる物語。

 原作漫画が2019年3月より漫画アプリ『少年ジャンプ+』にて連載中で、コミックス累計発行部数は2700万部を突破している人気作品。テレビアニメ第1クールが2022年4月から6月に放送され、第2クールが10月より放送されている。

■ミュージカル公演概要
脚本・作詞・演出:G2
作曲・編曲・音楽監督:かみむら周平

帝国劇場:2023年3月8日〜3月29日
兵庫県立芸術文化センターKOBELCO 大ホール:2023年4月11日〜4月16日
博多座:2023年5月3日〜5月21日


動画を別画面で再生する



    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定