宝塚花組トップスター柚香光『anan』表紙に登場 ブルーアッシュの前髪から妖艶な視線

0

2022年12月08日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『anan2328号』スペシャルエディション版表紙を飾る柚香光(C)マガジンハウス
 宝塚歌劇団・花組トップスターの柚香光が、14日発売の女性グラビア週刊誌『anan』スペシャルエディション版(マガジンハウス刊)の表紙を飾る。ネイビーのジャケットに身を包み、ブルーアッシュの前髪から妖艶な視線をのぞかせる。

【写真】8年前!シックな衣装をまとった宝塚花組トップスター・柚香光、望海風斗ら

 柚香は、2009年に宝塚歌劇団に入団し、花組に配属。14年の『ラスト・タイクーン』を皮切りに、3作の新人公演で主役を務めるなど早くから主要な役柄に抜てきされ、19年にトップスターに就任した。コロナ禍に見舞われつつも、花組をけん引し、今年上演した『元禄バロックロック』『TOP HAT』『巡礼の年』というテイストの全く違う作品を大成功に導いた。

 今号では、表紙&グラビア7ページで進化し続ける柚香の魅力を余すところなく届ける。さらに、花組スターの水美舞斗、永久輝せあもそれぞれ4ページのスペシャル撮り下ろしグラビアで登場し、全16ページの特集となる。

 表紙カットは、柚香がネイビーのジャケットスタイルにパープルのコートを羽織り、椅子にどかりと座る。ブルーアッシュの前髪から美しく妖(あや)しい視線で挑発する。あごを触る色気あふれる手つきなどと相まって、見る者を魅了してやまない黄金比の美しさだ。

 誌面グラビアは、パリの古びた館を想起させるスタジオで撮影。持ち前の身体能力を発揮し、まるで舞い踊るかのようにしなやかなポーズの数々を、階段の手すりすらも自在に活かしながら披露した。ファッションモデルも経験しているだけに、全てのカットが完璧に決まる素晴らしさとなった。

 インタビューでは、コロナ禍による公演中止の中で真摯(しんし)に宝塚歌劇というエンターテインメントの世界に向き合い精進してきた柚香のストイックさ、そして花組全体に対する愛情や思い入れが語られ、色気の秘密にも迫る。そして、23年の元日に宝塚大劇場で初日を迎える『うたかたの恋』『ENCHANTEMENT(アンシャントマン)‐華麗なる香水(パルファン)‐』に向けた意気込みも聞く。

 また、今号は恒例の占い大特集。「2023年前半、あなたの恋と運命」と題し、G・ダビデ研究所、鏡リュウジ、星ひとみ、サツキメイ、石井ゆかり、ゲッターズ飯田ら人気占い師が勢ぞろいし、恋愛、仕事、人間関係、お金まで気になる来年上半期の運勢をそれぞれの占術で読み解く。CLOSE UPには小栗旬と吉田鋼太郎、また高畑充希が登場。タイ版ドラマ『花より男子』でF4を演じたBright、Win、Dew、Naniのスペシャルグラビアも。通常版の表紙には、大泉洋と目黒蓮(Snow Man)が登場する。
    ニュース設定