【紅白】加山雄三、特別企画で“最後の”ライブパフォーマンス 85歳での出場は史上最高齢【本人コメントあり】

114

2022年12月08日 14:34  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『第73回NHK紅白歌合戦』に出場する加山雄三
 シンガー・ソングライター加山雄三(85)が、大みそか恒例『第73回NHK紅白歌合戦』(12月31日 後7:20〜11:45)の特別企画に出場すると8日、発表された。年内いっぱいでのコンサート活動からの引退を発表している加山にとって、“最後の”ライブパフォーマンスとなる。

【一覧】『第73回NHK紅白歌合戦』出場歌手 これまでの出場回数も

 『紅白歌合戦』の公式サイトでは、加山について「1960年の銀幕デビュー以来、日本の音楽界の第一線を走り続けてきた永遠の若大将」と紹介。年内いっぱいでコンサート活動から引退すると発表していることに触れ、「そんな節目の年の大晦日、加山さんの紅白歌合戦への特別企画としての出場が決定した」と伝えた。

 続けて「歌手としても60年以上のキャリアを誇る加山さん。9月には『ラストショー」と銘打った最後のホールライブを開催、そして現在行われている船上ライブ『若大将クルーズ THE FINAL』をもって、コンサート活動から引退する。そんな加山さんの最後のライブパフォーマンスが紅白歌合戦のステージで実現する」としている。

 最後に「これまで紅白に17回出場し、うち3回司会を務めるなど、紅白歌合戦ともゆかりの深い加山さん。85歳での紅白出場は史上最高齢となる。昭和、平成、令和と半世紀以上に渡って日本の音楽界のトップランナーとして牽引してきたレジェンドの雄姿をお見逃しなく!」と呼び掛けた。

 今年の『紅白』は、司会を大泉洋、橋本環奈、櫻井翔(スペシャルナビゲーター)、桑子真帆アナウンサーが務める。テーマは「LOVE & PEACE−みんなでシェア!−」。同局は「2022年の最後をしめくくる時間に歌で“平和の尊さ”や“希望にあふれた愛”を感じてもらいたい。大みそかを年に一度の『ハレの日』にしたい。みんなで楽しめる歌のお祭り 最高のライブエンターテインメントを届けたいと思っています」としている。

■加山雄三メッセージ
長きに渡り歌手活動を行って参りましたが、年内をもちまして人前でのライブパフォーマンスにケジメをつけさせて頂きます。その最後の日、紅白歌合戦というたくさんの方がご覧頂いているこの番組に参加させて頂けること、本当に幸せでいっぱいです。多くのファンの皆さんや関係者の皆さんの応援と助力がなければ、ここまで来ることは出来ませんでした。感謝と共に、精一杯歌い切りたいと思います!そして、毎日に目標をもち、毎日が新しいスタート!とすれば、俺の船出の時はまさに今だ!って、そう思うんです。

このニュースに関するつぶやき

  • 加山さんで紅白といえば、白組司会の時「少年隊で、仮面ライダー!」と紹介した事、一択が思い出される。特別企画で、仮面ライダーのテーマ曲を歌ったら、これもチャラになるな。
    • イイネ!22
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(71件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定