東海地方 今夜はことし最後の満月 太平洋側は晴れる所多い 来週半ばは厳しい寒さに

1

2022年12月08日 16:50  日本気象協会

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

東海地方 今夜はことし最後の満月 太平洋側は晴れる所多い 来週半ばは厳しい寒さに

今夜(8日)はことし最後の満月「コールドムーン」です。東海地方は太平洋側を中心に晴れる所が多く、満月に寄り添う赤い火星の姿も見ることができそうです。また、来週半ばからは上空に強い寒気が流れ込み、一段と寒くなる見込みです。



●今夜の天気 太平洋側は晴れる所多い 岐阜県山間部は雲のすき間から満月を見られるチャンスあり


今夜は太平洋側を中心に晴れる所が多いでしょう。愛知県や三重県は、時折雲の流れ込みはあるものの、薄い雲を通しておぼろ月が見られたり、次第に雲が少なくなってきれいな満月が見られそうです。岐阜県飛騨地方や西濃付近では、雲が流れ込みやすく、一時的に雨や雪の降ることもありますが、雲のすき間から満月を見られるチャンスはあるでしょう。きょうの月の出の時刻は名古屋で16時32分ごろ。夜はぐっと冷え込みが強まり、平野部では20時の時点で10℃を下回る所が多い見込みです。天体観察の際は、コートやダウンなどの厚手の服装にマフラーや手袋も利用して暖かくしてお過ごしください。


●10日(土)は夜から雨 14日(水)ごろは強い寒気流入で厳しい寒さに


この先、天気が崩れるのは10日(土)。気圧の谷が近づく影響で、午後は次第に雲が多くなり、夜は広く雨が降る見込みです。14日(水)から15日(木)にかけては、上空に強い寒気が流れ込むでしょう。山間部では雪が降りやすく、雪が積もったり、降り方が強まるおそれもあります。山間部だけでなく、平野部にも雨雲や雪雲が流れ込んで、にわか雨やにわか雪がありそうです。路面の凍結にも注意が必要です。最高気温は平野部でも10℃以下の所があり、一段と寒さが厳しくなる見込みです。


    ニュース設定