日本代表がW杯「ベスト8」になるためには何が必要か? 過去の“教訓”と継承すべき“武器”

2

2022年12月09日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

サッカー日本代表の帰国会見
 森保一監督が率いたチームがカタール大会で示したものは何だったのか。4年後の大会を目指す前に、しっかり押さえておく必要がある。日本は下馬評を覆し、ドイツに勝利を収め、スペインにも勝って、強豪ぞろいのグループEの首位でラウンド16に勝ち上がった。


【写真】“デスノート”で話題の森保監督が岸田首相に渡したノート フロック(まぐれ)でドイツとスペインを立て続けに破ることはできない。そこには理由があり、その理由こそが日本代表が継承していくべきものかもしれない。


 ドイツ戦、スペイン戦はいずれも前半に失点し、後半に逆転勝ちを収めているが、システム変更と攻撃的な采配、選手たちの能力の開放がうまく組み合わさり、良い流れをつくり出した。狙って先制されたわけではないものの、いずれも前半は劣勢で、苦しい戦いを強いられたのちに後半、反攻に転じている。


 先制されたことで図らずも選手の意思が統一され、前に出るしかなくなった。結果、チームの一つの方向に向いた状態で、ドイツ戦では相手の虚を突くシステム変更と攻撃策がはまった。そしてスペイン戦ではいきなりギアを上げて実践した前向きの守備で相手を飲み込んだ。いずれも逆転に成功した後は、5−4−1の相手の猛攻をやり過ごしている。


■進歩を遂げた「個」の力


 うしろは同数で守ることにもなったが、1対1に自信を持つ板倉滉、冨安健洋らDFたちが、マッチアップで後手に回ることなく、しっかり対応。4年前のロシア大会に比べても格段に進歩を遂げた日本の「個の力」を示してみせた。他ならぬ森保一監督が個々の成長によって采配の選択肢が増えたと語っていた。


 前後半で戦術を変えることは最初から狙っていた形ではなかったかもしれない。ただ、状況に応じて戦い方を変えることに成功し、逆転勝ちを収めたのは紛れもない事実だ。優勝経験国でさえ、その変化に対応できなかった。テストマッチでも試さなかった戦い方だったが、戦術理解力と実行力が日本の選手たちに備わってきたと言えるだろう。むろん、それを実行させた指揮官の手腕も語り落とせない。



 1対1でわたり合う個の力はこれからもますます伸ばしていくべきであり、意思統一された中で戦術を遂行する力も継続的に持ち続けるべきものだ。チームのために守備に力を割く献身も、粘り強く守り続けられる力もまた、今回日本が示し、継承すべき武器だと言っていい。


 02年の日韓大会ではラウンド16でトルコに早々に先制され、堅く守るトルコに沈黙するしかなかった。06年のドイツ大会ではオーストラリア相手に先制しながらリードを守り切れず逆転負けを喫した。14年のコートジボワール戦も同じで、先制したものの逆転負け。18年のロシア大会でもラウンド16でベルギーに2−0とリードしながら最後は2−3と試合をひっくり返された。ロングボールに耐え切れず、ズルズルと交代して結局、力尽きたのだった。


 だが、今回はドイツにもスペインにもリードされたあとに追いつき、逆転し、自らリードを奪ったあとに攻撃を受けても崩れなかった。積み重ねた経験を、着実に成長につなげてきた。ラウンド16のクロアチア戦は、PK戦の末に敗れることになったものの、後半も延長に入ってからも守勢に回りながら耐え抜いた。押し切られない力をそこでも示してみせた。


■「ベスト8」に必要なこと


 優勝経験国に対しても、やり方次第でわたり合える。日本が今大会でそのことを証明した。もちろん、いわゆるサッカー大国との差がこれで完全になくなったわけではない。ただ、試合に臨む際の状況を整理し、コンディション調整や戦略も含めてしっかり準備を整えれば、少なくとも大国に対してまったく歯が立たないということはなくなったのではないだろうか。


 7大会連続7回目の出場という実績を積み、中堅国としての地位を確立した。これからの日本は、ベスト8、それ以上の高みをより現実的な目標ととらえて歩き出すべきだろう。そのために必要なことは何なのか。


 ヒントは、すべてを懸けて4試合を戦い終えた指揮官、選手たちの言葉の中にもある。


「ロシアワールドカップの反省で、リードしてる中、ポゼッション率が下がることで押し込まれてしまい、最後に試合を持っていかれるという部分がありました。体力的に疲弊して最後まで戦えないところも反省点で、常にそのポイントを意識してきた中、今日の前後半もそうですけど、保持率はわかりませんけど、守備から攻撃になるたびに、つなぐ意識があるかというのが大切でした。選手たちはよくやってくれたと思います。今のベストを尽くしてくれた。そのつなぐというのが効果的な攻撃につながり、試合のコントロールにつながっていくということについては、これから先レベルアップを考えなくてはいけないところだと思っています」(森保監督)


「強豪国との対戦となると、自分たちのレベルでは難しい試合になるのは当たり前ですし、自分たちが本当に世界のトップを目指すなら、今回のようなやり方で勝っても先はないと思う。今回はこのやり方で本当に自分たちが目指しているところまでたどり着けそうでしたけど、その先に行こうと思ったら、自分たちはもっとポゼッションができないとダメだと思うし、もっと強豪国になるには、ビッグクラブでプレーしている選手の数人が必要だと思う。自分はそういう選手になれるように頑張りたいなと思います」(鎌田大地)


「結局、ベスト8やそういう舞台に残っていくチームはちゃんとしたチームだし、そういう意味ではそのステージに届くまでの距離はまだちょっとあったのかなと。世界を倒す距離はちょっと縮まったかもしれないけど、大会を通してその位置に行くという距離は近くなかったんだなと思う。(何が足りなかった?)何かサッカー(面)と言えばそうだし、もっと自分が主導権を握れるサッカーができればと思えばそうだろうし。でも握ったらベスト8に行けるかと言われたら違うだろうし。こういう経験を経て、そのステージに行けるんだろうなと」(田中碧)


「やっぱりこうしてボールを握られる時間が多くなると、勝つ確率は下がるなとは感じたので、しっかり握りながら試合を進めていくのを感じています」(堂安律)


「やっぱり世界のトップ8に行くことを考えると、点を取り切る力を自分のチームとしてもしっかり持っておくことが、勝ち進んでいくためには必要なんだなってことはすごく感じました。ハードワークして守備をするところが世界に通用するのは十分証明できたと思うし。もう一つ上に行くためには、どこでどうパワーを使っていくのかをもう一回やっていかないといけないなと」(谷口彰悟)


■過去の経験から学ぶ必要性


 一つはボールをつなぐ力だ。とくにボールを奪ったあとのパスの精度向上は必須だろう。クロアチア戦では何度となく最初のパスでボールを奪われ、自ら試合を難しくした面もあった。ロシア大会以来の課題は、まだまだ向上しなくてはならない部分だ。


 最初の段階でパスがつながらず、相手の連続攻撃を受けることになったため、ボールを保持がままならなかった。ドイツ戦やスペイン戦に比べてクロアチア戦では持てる時間もつくったが、それでもまだまだ保持率は低かった。ポゼッションが勝敗を決めるわけでないものの、押し込まれる時間が長ければ長いほど、それだけ失点のリスクも増し、攻撃機会も失われる。ボールを握る力をつけなければ、主体的に試合を運ぶことはできない。


 ただ、この点については注意が必要で、過去の経験から学ぶ必要もある。守備に軸足を置いて戦った2010年の南アフリカ大会後、多くの選手が同じように主導権を握る戦いの必要性を訴え、ザッケローニ監督のもとでそのスタイルを磨き、2014年のブラジル大会に向かった。しかし掲げていた「俺たちの戦い」は結局、本大会で通用せず、結果は惨敗に終わった。


 振り子が揺れるように対照的なスタイルの間で大きく揺れながら日本代表は歴史を重ね、一歩ずつ成長してきた事実はある。しかしながら南アフリカからブラジルに向かったときのように、ただ理想を掲げて突き進むだけでは教訓は得られても成果は得られない。


 今大会で日本は次のフェーズに進んだことを示した。次回はもっと高い視座から「ベスト8以上」を目標に掲げ、戦うことになるのだろう。日本協会がいかに今大会を総括し、いかなる日本代表の強化プランを立てるのか。4年後へ向けて、その点が極めて重要なポイントになる。


(文/佐藤 景)


このニュースに関するつぶやき

  • やはり中山雅史や三浦知良や闘莉王やラモス瑠偉のような選手が必要ですね!
    • イイネ!13
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定