C大阪、5選手との契約更新を発表…“守護神”GKキム・ジンヒョンや右サイドで躍動したDF毎熊晟矢ら

1

2022年12月09日 18:00  サッカーキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

セレッソ大阪は9日、5選手との契約更新を発表 [写真]=Getty Images
 セレッソ大阪は9日、GKキム・ジンヒョン、DF舩木翔、DF毎熊晟矢、MF上門知樹、MF鈴木徳真の5選手と契約を更新したことを発表した。

 今回の発表によると、GKキム・ジンヒョンとDF舩木翔は単年の契約を更新、DF毎熊晟矢とMF上門知樹、MF鈴木徳真は2023シーズンより3年間の契約を更新したことを明らかにしている。

 1987年の7月6日生まれのキム・ジンヒョンは現在35歳。2009年にセレッソ大阪でプロキャリアをスタートさせて以来、同クラブの“ワン・クラブ・マン”として活躍している。不動の守護神として今シーズンの明治安田生命J1リーグ33試合に出場し、自身が保持する同リーグ通算試合出場数を「356」に更新した。

 1998年4月13日生まれの船木は現在24歳。セレッソ大阪の育成組織出身で、2017年にトップチーム昇格を果たした。その後、2020年にジュビロ磐田へ、2021年にはSC相模原へと期限付き移籍。今シーズンにセレッソ大阪に復帰した同選手は公式戦21試合に出場し3得点を記録している。

 1997年10月16日生まれの毎熊は現在25歳。2020年にV・ファーレン長崎でプロキャリアをスタートさせると、プロ初年度から明治安田生命J2リーグ36試合に出場した。V・ファーレン長崎での活躍が評価されて、2022年にセレッソ大阪に加入。右サイドからセレッソ大阪を支え、公式戦42試合に出場し3ゴールを挙げている。

 1997年4月27日生まれの上門は現在25歳。2016年にFC琉球でプロキャリアをスタートさせた後、2020年にファジアーノ岡山に加入した。2021シーズンは“武器”のミドルシュートからスーパーゴールを連発するなど、13ゴールをマーク。ファジアーノ岡山での活躍が評価された同選手は2022年にセレッソ大阪に加入し、公式戦32試合に出場し4得点を記録している。

 1997年3月12日生まれの鈴木は現在25歳。2019年に徳島ヴォルティスでプロキャリアをスタートさせた同選手は、2020シーズンから定位置を確保した。今シーズンからはセレッソ大阪に活躍の場を移すと、ピンチの芽を摘むプレーを連発し、中盤に安定感をもたらす。公式戦40試合に出場し2ゴールを記録している。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定