開幕目前! 神戸のラグビーをするために必要なものとは?

0

2022年12月09日 18:32  チケットぴあ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

チケットぴあ

橋本皓(コベルコ神戸スティーラーズ) (c)F.SANO
12月9日、コベルコ神戸スティーラーズの開幕前記者会見が行われた。トヨタヴェルブリッツとのプレシーズンマッチを終えたばかりのニコラス・ホルテンヘッドコーチ、FL橋本皓キャプテンが出席、『NTTジャパンラグビー リーグワン 2022-23』開幕戦へ向けて意気込みを語った。

ホルテンHC「今日の試合では35分神戸のやりたいラグビーができた。だが今季は35分間ではなく、80分間神戸のやりたいラグビーをやり続けること。そうすればみんなが望む結果が出ることだろう。だが、そのためにはまだまだ成長が必要。来週80分まで持っていけるかわからないが、より長い時間自分たちのラグビーをできる時間を増やしたい」
橋本主将「ニックが言ったように我々のラグビーを80分間やり続けることが必要。まずそれをしっかりやれば勝てると信じている。開幕から優勝へ向けてつなげていきたい」

トヨタV戦は前半31-7とリードしながら、後半はスコアできずに31-33の逆転負けを喫した。
ホルテンHC「自分たちのミスから相手にボールを渡しているので、スキルエラーとディフェンスの精度を改善しないといけない。今日の試合もそうだが、神戸のラグビーはハイスピードなラグビー。早くポジショニングしなければ、ハイスピードなラグビーはできない。今日はそれが足りていなかった」
橋本主将「試合直後なので何とも言えないが、自分たちのミスで相手に流れを与えることが多かったので、ボールを扱うミスなど改善していかないといけない」

新HCは優勝をターゲットに定めている。
「間違いなく優勝を目指している。シーズン前に優勝を狙わないチームはどうかしている。ただ先を見過ぎて最終的な順位を気にするのではなく、一つひとつのトレーニングにどれだけ注力できるか集中しないといけない。毎日のトレーニングごとに集中し成長した結果、最後に順位は付いてくる」

橋本は新主将として「全員の意識を共有したい。ズレがあると隙になる。戦術面では全員で同じページを見られるよう、口を酸っぱくして言い続けていきたい」と語り、ファンには「僕らが自分たちのラグビーを遂行すれば、今日の前半のように大量得点、ワクワクするようなラグビーができると思う。ファンの方にはそういうところを見てほしい」とメッセージを送った。

神戸Sは12月18日(日)・ニッパツ三ツ沢球技場での『NTTリーグワン2022-23』開幕戦で横浜キヤノンイーグルスと対峙、12月24日(土)・神戸総合運動公園ユニバー記念競技場での花園近鉄ライナーズとの大阪ダービーでホスト開幕戦を迎える。チケット発売中。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定