山田裕貴、繊細な役柄に挑んだ撮影を振り返る 映画『夜、鳥たちが啼く』メイキング映像到着

0

2022年12月09日 19:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

映画『夜、鳥たちが啼く』メイキング写真 (C)2022 クロックワークス
 俳優の山田裕貴が主演を務め、女優の松本まりかが共演する映画『夜、鳥たちが啼く』より、メイキング、山田と松本が撮影を振り返るコメントを収めた特別映像が解禁された。

【動画】映画『夜、鳥たちが啼く』メイキング映像

 本作は、『そこのみにて光輝く』『オーバー・フェンス』などで知られる作家・佐藤泰志が、函館ではなく関東近郊を舞台に描いた同名の短編小説を映画化。脚本は同2作を手がけた高田亮が手掛け、監督を高田の助監督時代からの盟友である城定秀夫が務める。内に秘めた破壊衝動と葛藤する売れない小説家の主人公・慎一を演じるのは山田裕貴。離婚を機に息子アキラとともに慎一のもとに身を寄せるヒロイン・裕子を松本まりかが演じる。

 今回解禁されたのは、メイキングと、山田と松本が撮影を振り返るコメントを収めた特別映像。

 若くして小説家デビューしながらも、その後は鳴かず飛ばず。サラリーマンとして働きながら、そんな自分に嫌気が差し、もがき続けるように夜ごと一心不乱に小説を書き続ける慎一役を演じた山田。メイキングでは、小説を書いては原稿を破り捨てる、荒んだ心情を繊細に表現する姿を捉えている。

 そして撮影後に山田は「すごく繊細な作品で難しさを感じていたんですけど、ダウナーなシーンが続く中で(アキラ役の)優理斗がほぐしてくれたりとか、まりかさんとは何作か共演していたので信頼と安心感がある中でできたのもすごく助かりました。ワンカットで進んでいくシーンが多く、お芝居の臨場感を保ったまま撮影できたのも良かったです。スタッフの方々にも助けてもらったなと思います」と語っている。

 一方松本は、本作でシングルマザー・裕子役を熱演。親として強くあらねばと想いながら、どうしようもない孤独と悲しみに襲われ必死にもがく一人の女性をリアリティたっぷりに演じきった。映像では、裕子が初めてアキラと共に慎一の家へと身を寄せる場面のメイキングが映し出されているほか、松本が「現場に入って、山田くんや(アキラ役の)優理斗と一緒にやることで、こんなに幸せな感情になるんだ、とか、どう考えてもう埋まらなかった事が、こういうことだったんだ!とか、すごくいい発見をさせてもらいました」と撮影を振り返る姿を収めている。

 映像にはそのほか、山田と松本が、アキラ役を演じた森優理斗と和やかに過ごす姿も。スマホで動画を撮影する森に向けて、笑顔でユーモラスなダンスを披露する姿や、森からお菓子の指輪をプレゼントされて笑みを見せる様子を捉えている。

 映画『夜、鳥たちが啼く』は、12月9日より新宿ピカデリーほかにて公開。
    ニュース設定