「昔のように笑い声が聞こえる村に……」77歳の手作りヤギ牧場主・げんじぃが支援募る 古民家を活用した地域活性化プロジェクト

2

2022年12月09日 20:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

古民家を改修してお世話体験ができる場所に

 富山県でヤギを飼育する吉がけ牧場の「げんじぃ」さんが、訪れた人がお世話体験できる場所を作るため、古民家改修のクラウドファンディングを「CAMPFIRE」で実施しています。



【画像:牧場のヤギたち】



 「げんじぃ」さんこと村江元三さんは、72歳のときに第二の人生を送るべくヤギを飼い始めました。始めは反対していた家族も手伝ってくれるようになり、4年が経過した今では32頭のヤギが暮らしています。



 ヤギたちの様子はYouTubeチャンネル「げんじぃ夫婦 / 72歳からヤギを飼う」やInstagram(@yoshigakebokujou)、Twitter(@lg_kerojirou)などで配信しており、それを見た人々が全国から訪れてくれるようになったとのこと。中には何日か滞在して、ヤギのお世話の手伝いをしてくれる人もいるそうです。



 今回のクラウドファンディングは、約50年前から空き家になっているげんじぃさんの生家をリノベーションして、みなさんに使ってもらうための場所を作るのが目的。過疎化が進む地域に来てもらい、笑い声が聞こえる村にしていきたいと考えているそうです。



 クラウドファンディングの目標金額は300万円。片付けや修繕などは自分やボランティアさんで行い(ボランティアさんも募集中です)、集まったお金は水道・お風呂・トイレ・浄化槽などの大掛かりな部分の費用やDIYで使用する内装材料費に使いたいとのことです。



 支援のリターンは、お礼のメールが届く1000円のコース、オリジナル木製キーホルダーが届く5000円のコース、1泊2日滞在してヤギとのんびり過ごせる3万円のコースなど、12種類が用意されています。



 クラウドファンディングの期間は12月25日いっぱい。目標金額に関わらず集まった金額がファンディングされる、All-In方式のプロジェクトです。


このニュースに関するつぶやき

  • ペーターーーーーー!!!
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定