元銀行員が教える!確実にお金を貯める3つのコツ

0

2022年12月09日 21:21  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

お金を確実に貯めるには、どのようにすればよいのでしょうか? 今回は、貯蓄初心者の人に知っておいてほしい「貯金を確実に成功させるためのコツ」を3つご紹介します。
お金を確実に貯めるには、どのようにすればよいのでしょうか? 今回は、貯蓄初心者の人に知っておいてほしい「貯金を確実に成功させるためのコツ」を3つご紹介します。

その1:まずは積立や小銭貯金からスタートする

確実にお金を貯めるためには、貯蓄の習慣を身に付けることが大切です。毎月、給料日などに貯蓄したい分を自動で貯蓄用口座に積み立てていく仕組みを作れば、手間もなく簡単に貯まっていきます。

その他の方法としては、総合口座とは別に普通預金口座を作って、お金を預けていくのも手。位置付けとしては貯金箱代わりという感じです。小銭であっても、小まめに預ければ手数料なしで預け入れができます。

お金を預けるきっかけは何でもよいので、たとえば「毎月、自分の誕生日に相当する日にお金を預ける」「うれしいことがあったら貯金をする」など、自由に決めて貯めていきましょう。

ただし、一度預け入れたら、引き出さないことをルールとして決めてください。

そして、たとえば10万円以上貯まったら、定期預金にするというような流れを作っておくとよいでしょう。

その2:適切な金額でスタートする

よく、「○年後に100万円貯めるには、毎月いくら貯めればよい」などの本や情報が多く流れています。

確かにこの情報は正しいとは思うのですが、貯蓄初心者によっては、足かせになってしまうことも少なくありません。

貯蓄=余裕があるからこそできるものともいえます。裏を返せば、家計をやりくりした上で残った「余裕資産」は確実に貯めることが大事になります。

しかし貯蓄初心者は、貯めたい金額を目標として掲げた場合、目標額に貯蓄額をあわせてしまう傾向があります。
 
たとえば、本来なら1万円しか余裕がないのに2万円を貯金に回してしまい、結果的に家計に余裕がなくなり、貯金を切り崩すことになってしまう……。こういう人は意外と多いのです。

このようなことに陥らないように、まずは家計簿などを付けて、毎月の予算を立て、自分はいくら貯金できるのかを明確にして、あとから貯めたお金から引き出さなくてすむような無理のない金額だけを貯蓄に回すようにしてください。

その3:自分にご褒美をあげながら貯金をしよう

貯金の目標額を達成できたら、がんばった自分にご褒美をあげるのも手です。おいしいものを食べに行く、温泉に行く、ホテルに泊まるなど、「目の前のニンジン」は大いに効果を発揮します。これからも、貯金をがんばろうという気持ちになります。

ただし、ご褒美の費用については、事前に予算として確保してください。貯金からは引き出さないことが鉄則です。

以上、お金を貯めるための3つのヒントを紹介しました。

いずれも簡単にできることばかりです。今日から貯金を始めてみてください。

文:飯田 道子(ファイナンシャルプランナー)

金融機関勤務を経てFP(CFP、1級FP技能士)を取得。独立系FPとして、各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などを行っている。金運アップやポジティブお金など、カラーセラピーと数秘術を取り入れたアドバイスも得意。
(文:飯田 道子(ファイナンシャルプランナー))

    前日のランキングへ

    ニュース設定